ページトップへ

任意売却の相談窓口【任意売却支援センター】

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

ブログ

用語集(ア行)

異時廃止
異時破産廃止のこと、破産手続開始決定後に破産管財人が選任され、現実に破産手続きが開始されたものの、換価できるような財産がほとんどなく、破産手続き費用も出せないと認められるときに、破産管財人又は裁判所の職権で破産廃止決定がされて、破産手続きを終決させることをいいます。

一括返済
残債務をまとめて返済する事。債務の返済を滞納すると分割して返済をする権利を失います。それを期限の利益の喪失といい、ローンの残額の一括返済を求められます。

オーバーローン
住宅ローンの残債が不動産の売却価格を上回っている状態のことです。オーバーローンの場合でも、債権者の合意のうえ任意売却であれば物件を処分することが可能となります。

用語集(カ行)

競売
債務者が借入金の返済が出来ない場合、金融機関はが担保不動産を差押さえ、元金及び違約金利の回収手続きを行うため、裁判所に対し不動産競売の申し立てを行います。その申し立てに従い入札方式によりの最高価格で入札した者に売却するシステムを競売といいます。

期限の利益の喪失
期限の利益の喪失契約違反等があった場合等に、期限の利益を失うこと。例えば、定められた期日までに債務の返 済を履行できない場合に期限の利益が損失し、 債権者から債務の一括弁済を求められます。

求償権
連帯債務者や保証人が他人の債務を弁済した場合に、その負担した全部あるいは一部を、本来負担すべき者に償還請求できる権利のこと。

強制執行
強制執行とは、民事執行法に従い行政法上の義務の不履行に対し国が強制力をもって執行する事です。競売の場合、執行官立ち会いのもと強制的に立ち退きを命ぜられます。

個人再生
この手続きは住宅ローンを除く債務額の総額が5000万円以下の個人債務者で、収入に応じて支払える額を3年間で返済するという計画を立て、最大で5分の1程度まで圧縮されます。実際に3年の間に再生計画どおりに返済できたら残りの借金が免除されるという手続きです。

用語集(サ行)

サービサー
不良債権の処理と再生を目的とし、債権管理回収業に関する特別処置法に基づき、法務大臣から許可を受け設立された債権管理回収専門の株式会社のことです。任意売却を行う場合、このサービサーが窓口となるケースがあります。

差押さえ
差し押さえとは、債権者の利益の実現のために、国や裁判所などの公的機関が債務者に不動産等の財産処分を禁止し、競売等の強制執行によって債権を回収できるようにします。

自己破産
債務者が裁判所に破産申し立てをし、破産宣告を受けること。破産の目的は借金の免責を受ける事で、多重債務者や借金地獄に陥った方の生活再建のための最終的手段です。

住宅金融支援機構
2007年に旧住宅金融公庫から事業を引き継いだ独立行政法人。金融市場において安定的な住宅資金供給を支援し、国民の住宅生活の活向上を目指している組織。

親族間(親子間)売買
任意売却せざるを得ない状況下で、現在の住居から移転出来ないなどの理由から、売却相手を親族や親子関係にする事で解決する手段をいう。しかし、親族間売買は債権者が承認しないケースもある。

用語集(タ行)

代位弁済
通常、住宅ローンの借入れをする時は、保証会社との間で「保証委託契約」を締結する事が多いと思います。住宅ローンを組んだ本人が返済不能な状態になった場合には、保証会社が本人に代わって金融機関に返済することになります。このことを代位弁済といいます。

抵当権の実行
返済不能などにより債権が弁済されない場合、債権者は抵当権の優先順位に基づいて担保である不動産などを競売し、その代金を債権の弁済として当てる事をいいます。抵当権が実行されても、売却代金が債権額に満たなかった場合は、残額については、担保の無い債権(無担保債権)として残ることになります。しかし、抵当権の実行によって、抵当権自体は消滅します。

同時廃止
同時破産廃止といい、債務者(破産申立人)に換価する程の財産がないことがはじめから明らかな場合に、破産手続開始決定(破産宣告)と同時に、破産管財人を選任することなく破産手続きを終了する事です。

用語集(ナ行)

任意整理
任意整理とは裁判所などの公的機関を利用せずに金融業者と交渉をして、利息・損害金・毎月の支払額の減免をしてもらい、負債を圧縮する手続のことです。

任意売却・任意売買・任売
住宅ローン等の借入金の支払いが困難になった場合、債務者(所有者)と債権者(抵当権者)の間に仲介者が入り、不動産を競売にかけずに債権者と債務者が合意のもと第三者に売却することをいいます。

用語集(ハ行)

媒介契約書
不動産を売却する際や購入する際に、仲介業者と交わす書類のこと。媒介契約書の種類は一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3種類あります。依頼する期間は3ヶ月となりますが、更新が可能です。

売却基準価格
不動産競売の入札にあたり基準となる価格で、入札の参加者は売却基準価格の20%低い価格から入札が可能となります。基準価格は裁判所の評価人が対象物件の調査をし、減額措置を行った価格のため、市場価格の5割~7割程度の価格となります。

売却許可決定
売却許可決定とは. 競売による最高価買受申出人が決まると、裁判所は最高価買受申出人に不動産を売却するかどうかを1週間後に決定します。

配当要求
配当要求とは競売の申立者以外に債権を持っている債権者は執行裁判所に申し出てください、という制度です。配当要求一覧表は各地方裁判所の配当要求終期の公告の物件目録を一覧表にしたものです。

引渡命令
引渡命令とは、 競売の残代金を納付した買受人の申立てに基づき、債務者又は占有者に対し、当該不動産を買受人に引き渡すべきことを命ずることにより、簡易、迅速に不動産の明け渡しを求めることのできる制度です。

ブラックリスト
実際には、ブラックリストというリストは存在しません。一般的にブラックリストと呼ばれているものの正体は、「個人信用情報機関の事故情報」のことです。

用語集(マ行)

無担保債権
担保がない借入金のこと。 任意売却後の債務は無担保の債権になります。無担保債権となった不良債権が債権回収会社(サービサー)にまとめて売却されます。更に別のサービサーへ転売される事もあります。

用語集(ラ行)

リスケジュール(リスケ)
銀行借入金の返済が難しくなった際、融資先の銀行に相談し毎月の返済額を減額したり、一定期間元金を据え置きその間は利息のみの支払いに変更する方法。これを一般的にリスケジュールといいます。しかし、返済計画が立てられない状況でリスケを行ったとしても、その後の返済がより困難になるケースもある。

リースバック
自己所有の不動産を第三者に売却した後、その不動産を賃貸人としてそのまま借り受け、賃貸料を支払って使用することをいいます。近年、任意売却の解決方法の手段として利用することもあります。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

メール・FAXでの受付はこちら

CONTENTSCONTENTS

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

お客様にお伝えしたい事

任意売却支援センターの方針

法律事務所の皆様へ

新着情報新着情報

運営会社運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

セルバ・プランニングの会社外観

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL