ページトップへ

任意売却の相談窓口【任意売却支援センター】

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
再生するための5つのポイント 会社経営者・自営業者様の任意売却
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却Q&A

任意売却Q&A

Q. 住宅ローンの一括返済を求められています。どうすればいいのでしょうか?

住宅ローンの一括返済を求められている場合、金融機関の指定した金額をご用意して一括で返済しないと自宅は差し押さえられ競売にかけられてしまいます。この全額一括返済ができない場合、1.競売になるか 2.任意売却するか の選択となります。それは「強制的に処分させられる」か、「自分の意志で売却する」かの違いだけのようですが、競売には大きなデメリットがあります。当センターとしては「任意売却」という解決方法を選択する事が得策と考えます。

Q. 競売開始決定通知書が届いてしまったのですが任意売却はできますか?

はい、競売決定通知書が届いてからでも債権者の合意が得られれば任意売却は可能です。但し、債権者側としては競売の申立には費用と時間がかかるため簡単に応じないケースもございます。任意売却の合意が得られた場合でも、あまり時間的余裕はありませんのでお早めにご相談下さい。当センターでは的確な判断と迅速に解決できるよう企画・ご提案いたします。

Q. なぜ競売より任意売却が良いのですか?

1.住宅ローンの支払をそのまま放置してしまうと、いずれ競売になり家を失うだけでなく実勢価格の50~80%で落札されるため残債務が多くなります。

2.任意売却の場合は、実勢価格に近い価格での販売が可能となりますので残債務を減らすことができます。競売になってしまうと、ご近所の方や取引先に知られる可能性がありますが、任意売却の場合は通常の不動産の販売活動をするのと同様ですので、住宅ローンの滞納や差押さえが原因で売買する事は知られません。

3.また、債権者と交渉してお客様の引越代等の費用を捻出する事も可能となります。

Q. 任意売却に費用はかかるのでしょうか?

任意売却するためのお客様が負担する費用は、ご相談から売買契約に至るまでかかりません。不動産売買に伴う仲介手数料や抵当権抹消のための諸費用、またマンションの管理費や固定資産税などを滞納している場合の精算・返済等の代金は、債権者が受け取る売買代金から配分されますのでご安心下さい。なお、売却できなかった場合においても相談料等の名目で請求することは一切ありません。

Q. 任意売却で売れなかった場合はどうなるんですか?

不動産の売買ですから当然、買主がいて価格が折り合わなければ契約は成立しません。金融機関が競売の取り下げ、もしくは延期を申し出なければそのまま競売へと移行してしまいます。 しかし、当センターでは不動産の買取事業も行っておりますので、金融機関とのお話し合いにもよりますが、最終的に処分できない場合は当センター又は関連会社にて買い取る事も可能となります。

Q. 任意売却後の残債務はどうなりますか?

無担保債権として残った債権は、金融機関または保証会社からサービサー会社に譲渡されます。サービサーとは債権回収を専門に行う民間会社の事で、以降この会社と債務者間で交渉を進めることとなります。残債務に関しては、債務者の収入状況や生活状況が十分考慮され、1万円程度の金額での分割返済が可能です。 通常、サービサーは無担保債権を驚くほど安い額で買い取りしますので、債務者は交渉次第で残債務の数パーセントから10パーセント程度の解決金を支払う(正確には債権を買取る)ことで残債務の処理ができる場合があります。

Q. 任意売却後も、ここに住み続けたいのですが?

基本的に競売も任意売却もご自宅は他人の手に渡ってしまいますが、任意売却の場合はリースバックという方法で住み続ける事が可能です。リースバックとは、企業が使う税務会計上の手法で、購入者(投資家)へ不動産を売却しますが、一定の賃料を支払う事で継続してその不動産を利用する事を言います。不動産はリースバック終了後に不動産を買い戻すことも可能となります。 もう一つの方法は、親子間売買・親族間売買のケースがあります。自分の子供や親族の協力のもと住宅ローンを組んでいただき、引続きご自宅に住み続ける事が出来るのです。一般的に親子間売買の住宅ローンは認めてくれない金融機関が多いですが、当センター提携の金融機関では、親子間売買・親族間売買のお取り扱いが可能となります。

任意売却特集のよくある相談のページも参照ください。

任意売却は難しいと諦めている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター無料電話相談 tel 0120-281-540
  • メール・FAXでの受付はこちら

CONTENTSCONTENTS

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

任意売却特集 blog任意売却特集 blog

新着情報新着情報

運営会社運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

セルバ・プランニングの会社外観

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL