ページトップへ

任意売却の相談窓口【任意売却支援センター】

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
再生するための5つのポイント 会社経営者・自営業者様の任意売却
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却の依頼先

任意売却はどこへ依頼すればいいのか?

金融機関から催告状や期限の利益の喪失による一括返済を求められ、前向きに任意売却を決断してもどこへお願いすればいいのか迷っている方も多いと思います。 業者の依頼先として、主に以下の選択肢があると考えられます。(推薦度を印で表記しましたので参考まで)

1.知り合いの不動産業者又は大手不動産会社へ依頼する。(

所有者としては一番安心して頼めるかもしれません。しかし、任意売却に慣れていない業者さんですと、債権者交渉や進め方が分からなかったり手間のかかることが多いため、結局のところ売却できなくなり競売に移行するケースもあります。当センターのお客様でも他の不動産業者に依頼したが、手に負えずご相談に来られる方が多いのです。 限られた期間での売却が必要となりますので、最初にご依頼する業者は慎重に選択しなくてはいけません。

2.債権者側に紹介された業者に依頼する。(★★

住宅金融支援機構の場合、住宅ローンの滞納が続くと任意売却をご検討くださいという通知書が届き、任意売却をするのであれば A.自ら仲介業者を決めるか、B.機構が業者を紹介するか の選択をする事になります。この場合、迷いなくAを選択した方が良いでしょう! Bのケースでは一般的に、債権者主導で交渉事が進みますので引越代等の捻出の可能性が低く、残った債務の返済に関しても月々数千円~1万円程度で交渉できるものを、3万円以上の返済になる事もあります。

債権者が任意売却を持ちかけてきたらをご参照下さい。

3.弁護士・司法書士などの法律の専門家に依頼する。(★★★

このケースでは、やはり法律の専門家ですから信頼感はあります。しかし、任意売却となれば不動産の販売活動や売買契約をしなければならないため不動産業者が必ず介入し、その上、弁護士さんへ相談料をお支払いする場合もあります。まず最初に「自己破産」を考えていたり、「債務整理」も一緒に依頼する場合には、法律の専門家に相談された方が良いかもしれません。しかし「自己破産したくない方」「まだ迷っている方」はインターネット等で十分に調べてからご相談先を決めて下さい。

自己破産のタイミングについては自己破産をお考えの方のページをご参照下さい。

4.任意売却専門の不動産業者に依頼する(★★★★★

任意売却の専門といっても、初めて相談する不動産会社では不安も多いかと思います。しかし、専門業者は多くの経験と実績があり債権者等の交渉にも慣れているため、引越代の捻出など所有者の意向にそった形で任意売却を行うことが可能となるのです。もし不安な方は、まず電話相談してみて、相談員の対応が良く信頼できると思えば実際にお会いして依頼されることをお勧めします。 また、不動産会社の場合、物件の査定から販売活動・売買契約・引越に至るまでトータルなサービスを受けられるメリットがあります。

5.NPO法人・社団法人に依頼する。(★★★★

NPO法人や社団法人は、法人自体に宅建業の免許はありません。特定非営利団体であっても、最終的には任意売却専門の不動産業者が介入し仲介手数料を受け取るシステムで運営しているため、結局は4の専門業者と同じ事となります。しかし、対象エリアを全国展開している場合が多く、一度相談してもその地域の不動産業者を紹介されるケースがあり、その業者の力量にも違いがあります。 多くの場合、NPO法人・社団法人は任意売却専門の不動産会社が母体となります。 また、WEB制作会社が集客目的のために任意売却のポータルサイトを運営し、有料会員に紹介するシステムもありますので、その見極めが必要となります。

任意売却を依頼する場合の注意点

任意売却を依頼するにあたり、以下のような業者には気をつけましょう!

  • 高額な引越代を提示し、契約に誘導しようとする業者
  • ネット上のサイトだけで運営し、実際に事務所や店舗がない業者
  • 宅建業の免許を持っていない業者
  • 弁護士でもないのに相談料を請求する業者(宅建業者は成功報酬なので相談料はありません)

どのように確認すればよいのか分からない時は、面倒でもその会社へ訪問し、宅建業登録の確認や任意売却の相談をされる事をお勧めします。直接お話しするなかで任意売却の進め方、今後の生活の事などを親身に対応してくれる業者かどうか判断して下さい。また、売却不成立の場合は仲介手数料の支払は発生しませんので、そのことも事前に確認した方が良いでしょう。

銀行への返済条件変更を考えている方はリスケジュールのページをご覧下さい。

任意売却のご相談・ご依頼は、創業25年の任意売却支援センターにお任せ下さい。

  • 任意売却支援センター無料電話相談 tel 0120-281-540
  • メール・FAXでの受付はこちら

CONTENTSCONTENTS

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

任意売却特集 blog任意売却特集 blog

新着情報新着情報

運営会社運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

セルバ・プランニングの会社外観

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL