任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

生活保護という選択

2011年の生活保護受給者は200万人となり、20年前の90万人と比較し2倍以上、日本国民60人に1人が生活保護受給者となっています。

それに伴い、最近では生活保護の不正受給が問題となっています。本当に生活に困窮し明日の食費もないような人が受けられず、または受給を打ち切られて亡くなる方もおり、とても心が痛みます・・・

 

当センターで任意売却をされたお客様には、住宅ローンの残債以外にも多くの債務をかかえているお客様がいらっしゃいます。そのようなケースでは、まず自己破産などの債務整理をして身軽にすることをお勧めします。

しかし、自己破産し借金はなくなっても、今後生きて行くためには最低限の生活費が必要です。昨今の経済状況が原因で「何年も仕事に就けない」「けがや病気で働けない」「年齢的に雇ってくれるところがない」など、働きたくても現実的に厳しい環境となっています。

 

そのような場合、本当に生活に困窮している方、又はそれが予想される方には生活保護を受けることも考えなくてはなりません。

よくご年配の方で、「借りたものは必ず返す」「行政の保護は受けたくない」などと言われる方も・・・ このような考え方も素晴らしいと思います。しかし、自己破産にしても生活保護にしても国や行政で認められた制度です。もし、本当に困っているのであれば、色々な制度や力を借りることは必要ではないかと考えます。

 

 

次回は生活保護の受給方法について解説したいと思います。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

メール・FAXでの受付はこちら

CONTENTSCONTENTS

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

新着情報新着情報

運営会社運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

セルバ・プランニングの会社外観

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会