ページトップへ

任意売却の相談窓口【任意売却支援センター】

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
再生するための5つのポイント 会社経営者・自営業者様の任意売却
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

ブログ

東京ディズニーシーへ

先日、何年かぶりに東京ディズニーシーにて11歳になる娘と休暇を楽しんできました。
(久しぶりにブログに登場した我が子は、以前より成長したでしょうか?)

当日は雨模様で、きっと空いててアトラクションもすぐ乗れるものと思いきや、8月の下旬ともなると夏休み最後の思い出なのか中高生の皆さんが多く通常の休日のような賑わいでした。1番長い待ち時間はトイストーリーマニアの180分待ち、さすがにそれは避けて待ち時間の少ないアトラクションを選びながらの一日、食事するのにも時間帯によってかなり並んで待つ必要があります。

 

ディズニーシー入口ナイトショー全景観トイストーリーマニア

 

夜に行われたエンターテイメントは、ウォータースクリーンやレーザー光線・花火・炎などの特殊効果で幻想的な世界を創り出し、子供から大人まで十分に楽しめるショーでした。

子供は好きな事に対しては疲れを知らないのですが、この年齢になり小雨の中一日中歩いたり、列に長い時間並ぶのはさすがにハード・・・・ でも娘との楽しい一日となりました。

 

kobayashi

 

 

お金目的の任意売却?

先日、任意売却支援センターのフリーダイヤルに「お宅は引越代いくらくれるの?」というような問い合わせがありました。任意売却業者の広告には「〇〇万円もらえる」というようなサイトもあり、ユーザーからは「任意売却するとお金が入る」ような誤解を生じています。

 

お金目的の任意売却

 

このように、ごく一部の相談者には任意売却の相談よりも「如何にお金を残すか」に焦点をあわせ、あちこちの業者へ連絡されるようです。もちろん、当方の返事は「金額のお約束は出来かねます」とお答えしますが、もし依頼者がお金でつられて他に依頼をしたとしても後々トラブルにつながる恐れもございます。

 

結局のところ、債権者から捻出できる引越代がいくらなのか?という問題であり、特定の業者に依頼したからといって劇的に資金を残せる訳でもありません。もし、金額を約束する業者が存在したとしても、販売方法に無理が生じ結果として任意売却が不成立になってしまい、競売に移行されて一円も残すことが出来ないケースもございます。任意売却業者を探す際には、金銭的な事よりも債務者の事を親身に考えアドバイスしてくれる業者を選択すべきと考えます。

経験のない事への不安

住宅ローンの滞納による督促状や催告書、裁判所からの競売通知書などが届いてる債務者は不安で夜も眠れない方も多くおられると思います。なぜ不安なのか?それは、ほとんどの方が初めて経験する事で、この先どうなるのか、又どう対応すれば良いのか分らないから不安になるのです。

 

先が分れば不安は軽減できる!

私たちスタッフは、お客様からご相談いただいた際に現状の状況をお聞きし、この先どのような書類が届き、どう対応すればいいのか詳細に説明いたします。例えば、競売申立てが近い方には、裁判所の執行官が来ることや業者から何十通ものDMが届いたり、直接飛込み営業で訪ねてくることをお伝えします。
でも、それを知っておくのと知らないのでは、その時の対処方法も違ってきます。先が分らない事は余計に不安を増徴させネガティブな方向へと進んでしまいます。必要のない自己破産を考えたり、最悪は自殺まで考える方も・・・

 

考えごと不安な事覚悟する人

 

覚悟を決める!

そして、もう一つ「覚悟」が必要です。それは任意売却する事だけが覚悟ではありません。考えた末に競売を選択されるケースもあるでしょう!それも覚悟した決断です。また、任意売却でも競売でも自宅を手放すことに違いはありませんので、大切な家族に現状を話し協力を求める覚悟も必要です。

 

将来どうなるのか見えない事で、ご家族にも説明できず毎日ビクビクして生活するより、現実を理解し方向性が明確になれば、将来に明るい兆しが見えるかもしれません。当センターへ電話相談することも、ある意味覚悟が必要でしょう。しかし、その行動であなたの不安が少しでも軽減出来れば、問題の半分は解決に向かっています。現在ご不安を抱えている方は是非ご連絡をお待ちしております。

 

大田区にある東京サーハウスの任意売却

大田区にある東京サーハウスセンターポートの任意売却の依頼を受け販売活動をしておりましたが、購入者も見つかり決済に至りました。このマンションは平成15年築ですが、大田区の中でも取引価格平均がが5,000万~6,000万円台と近隣のマンションと比較しても高額の類に入ります。

 

サーハウス/夜景サーハウス/シーズンコートサーハウス/温泉サーハウス/プール

 

36,000㎡の広大な敷地に758戸の世帯数があり、温水プールや、フィットネス、シアタールーム、ライブラリー、ゲストルーム、バーベキューテラスなど共用施設が充実しています。それに何といっても天然温泉のスパがあり居住者は無料で利用ができることが最大の特徴となります。ちょっとしたリゾート気分になりますね!

 

中古マンションでも高価格帯になりますが、人気があるマンションなので売り物件が出ても購入希望者が多く売却の足も速いようです。こちらのマンションに拘らず、現在住宅ローンの返済にお悩みのお客様は任意売却支援センターへお問い合わせ下さい。

 

近親者の借金は避けるべき

住宅ローンの返済が困難となると、一時的にキャッシングやカードローンで凌ぐ方もいらっしゃいます。
本当に一時的なら問題はありませんが、借金返済のためにまた借金を重ねて行くと、まさに「借金で首が回らない」状態になってしまいます。

 

そのような状況下で、親・兄弟や友人・知人に頭を下げて資金を作ったとしても、銀行や金融会社の利益のために頑張るだけで、結局は困っている時に助けてくれた近親者に不義理をする結果となります。金融機関に返済しなくてもよいとは言いませんが、あくまで経済行為として銀行には金利、保証会社へは保証料を払って融資している訳で、金融機関も回収不能となるリスクは承知のうえ。しかし、近親者の損得勘定なしで融通してくれたお金は、一生懸命働いて稼いだお金です。何としても返済しなくてはならないし、返済の見通しがなければ借りてはいけません。

 

お金

 

「家族のため」と住宅ローンの返済に奔走するお気持ちも理解できますが、破たん状態を解消しない限り、近親者からの借入をしてとしても、それはただ単に延命措置でしかありません。それよりも早い段階で任意売却を決断し行動する事で、大事な身内や知人に迷惑をかける事を回避できると確信しております。

現在、ローンの返済でお悩みの方は当センターへご相談下さい。

ローン返済に困っても安易に賃貸に回さない

私たち任意売却専門家でも任意売却できない場合もございます。その一つとして、元々のご自宅を賃貸に回し家賃を頂いているケースです。 「賃貸オーナー」と言えば聞こえは良いですが、それを賃貸に回した背景が重要です。資金的に余裕があって不動産を増やす目的の投資家なら問題ないでしょう。しかし、住宅ローンの支払が厳しくてご自宅を賃貸に回し、その家賃でローンの返済を考えているなら問題です。

 

不動産を所有し賃貸に貸し出すことは、いち事業としてリスクも伴います。入居までの期間や退去後の空室のリスク、補修やリフォーム費用、固定資産税の負担など考慮に入れなければなりません。リスクを避けるために家賃を下げて契約にたどり着いたとしても、住宅ローンの返済額に及ばず、生活費から持ち出ししてしまうことも考えられます。

 

リーフォーム(バス)リーフォーム(トイレ)リーフォーム(キッチン)

 

そのような状況になってから任意売却をしようと行動しても、その賃貸契約が足かせになってしまう場合が多いのです。定期借家のように更新できない契約なら、契約終了後に任意売却を行う予定もできますが、それは稀なケースで一般的には更新が可能な普通借家契約が多いため、家賃の滞納などの解約事由がなければ、容易に立退きする事もできません。

 

このケースで任意売却する場合は賃借人がいる状態、いわゆる収益物件として投資家や不動産会社に販売する方法しかないのです。そこで、家賃と物件価格のバランスがポイントとなりますが、このようなケースでは物件価格に見合うような家賃(利回り)は期待できない事が往々にしてございます。

そうなると、販売価格をかなり下げないと購入希望者は現れません。場合によっては、利回りを考慮すると通常売却よりも2割~4割くらい安くなってしまうケースもあります。しかし、債権者としては「収益利回り」とか「賃貸に出している」とか債務者側の都合は全く関係なく、それを理由に価格の引き下げには応じてはくれません。あくまで、一般物件としての評価を行いますので、任意売却が困難な状態となってしまうのです。

 

このように安易に自宅を賃貸にしてしまったがために、任意売却もできず競売で処分されることは債務者も望んではないはずです。住宅ローン返済に困っても自宅を賃貸に出してしまうことはお勧めできません。既に賃貸利用されている方は当センターへご相談下さい。

世田谷区のマンションの任意売却

1年以上前の事例ですが、世田谷区の閑静な住宅地にそびえ立つ「深沢ハウス」の任意売却を行いました。
任意売却物件にしては、珍しい高級物件です。東京都立大学の跡地で、約12,000坪の広大な敷地に13棟からなるマンションです。駒沢公園にも隣接し緑あふれ、私たち庶民からすると憧れるような住環境ですね!

 

深沢ハウス深沢ハウス2

 

売主様は都内で会社を経営する50代のお客様で、購入時には事業も順調でしたが今後の業績見通し判断から早期の売却を決断されました。今の理想的な住まいに固執せず、会社と個人の再生のために任意売却を覚悟された決断力には私たちも感心させられた案件です。その後にお話する機会もあり、現在の状況をお聞きしたところ、お仕事も順調との事で任意売却をした後に復活される姿は私たちも喜ばしい限りです。

 

こちらの物件に限らず、会社経営者様や個人事業主の方についても、様々なご事情で販売せざる得ない状況下に置かれているお客様は、ぜひ任意売却支援センターにお問い合わせ下さい。

将来への資金管理が大事!

住宅ローン滞納が原因で大切なマイホームを処分せざるを得ない状況を考えると、ご本人は忸怩(じくじ)たる思いでしょう。しかし、今後の再生を考え任意売却をすると決断したなら、あとは将来に向けた資金管理が重要となります。

 

滞納が始まり、任意売却が終了するまでには最低でも半年から1年の期間は必要です。その間は金融機関への返済は行われない訳ですから、以前よりも資金的に余裕が出るかもしれません。しかし、資金に余裕があっても生活レベルを上げたり、娯楽や遊興費に使うことは止めるべきです。

 

売却後は新たな住居の家賃支払が発生し、そのための引越費用もかかります。業者の言う「引越代100%確保」を全て鵜呑みにしないでください。当センターでもこれまで、ほとんどのケースで必要な引越費用は確保できています。しかし、それは100%保証される訳ではありませんし、債権者が認める控除費用も10万、20万に減額されるケースも増えております。ですので、業者からの引越代は最初から当てにせず、ご自身で蓄えをするお気持ちで臨む方が楽かもしれません。予定通りの費用が確保できれば、それは次への準備資金となります。

 

また、売却後の住居を探す際に、従来の住宅ローンの支払額と同等額の家賃を検討される方がおられますが、そこで無理をすると家賃滞納の恐れがありますので、無理をせず居住環境レベルは落とすべきと考えます。
任意売却業者は家の処分が済めば終わりかもしれませんが、債務者にとってはこれからがスタートとなります。
そのための資金計画は早めに準備しましょう。

 

電卓

マンション購入希望ありの広告にご注意

分譲マンションにお住いの方なら、よく目にするチラシがあります。「こちらのマンションをお探しのお客様がおります」というような、売却を促す募集広告です。

 

そのチラシには、購入希望者の職業や家族構成、間取や面積、転居希望時期などが記載されていて、売却依頼があればすぐにでも契約できそうな期待感を持たせます。しかも、ご丁寧に現在販売されている物件より高い予算が設定されているのです。もし、チラシのお客様が本当に存在するなら、販売中の物件を買えば済む話なのですが・・・ 何を言いたいのかご理解いただけると思いますが「購入希望あり」のチラシは、ほとんどの場合「おとり広告」と理解すべきなのです。

 

もし、あなたがその広告につられて業者に連絡したらどうでしょう!まず担当者は、「お客様に紹介する前に媒介契約が必要です」となります。媒介契約後は、如何にもありそうな理由で報告があります。例えば「他の業者で検討している物件がある」というような!しかも、その手法は名の知られている大手仲介業者がやっていて、高く売りたいというユーザー心理をうまく利用した集客方法なのかもしれません。

 

私たちがマンションの売却依頼を受けて販売活動しても、そのような広告を見た売主は「この業者に売却依頼すれば良かった」と思うでしょう。事実、お客様からクレーム連絡があったケースもあります。こんなチラシが入ってるけど、セルバさんは何故お客さん見つけられないの?と・・・
お客様に理由を話せば理解はして頂けますが、このような集客方法はお客様の期待を裏切る行為なので遠慮して頂きたいと願います。

何のために頑張るのか?

任意売却を通じてお客様と接していると、返済のために無理をしてまで頑張ってる方がおられます。
あなたにとって大事なものは何でしょう?家ですか?仕事ですか?お金ですか?
家も仕事もお金も、それは自分の家族を守るための手段であり、大事なのは「家族との時間」ではないかと私は思います。

住宅ローンの返済のため、身内に頭を下げたりカードローンで凌ぎ、その返済のために本業の他にもアルバイトをする。奥様も家計のためにパートで働く状況に!その結果どうなるか?夫婦の労く時間が増すため、パートナーや子供と接する時間も会話も笑顔もなくなります。その事が原因で離婚というケースも多いのです。
本来マイホームは、「家族のやすらぎ」が必要な場所でなければいけません。しかし「家族のため」と頑張ってきたことが、結果的に本末転倒となってしまうことがあります。

住宅ローンを返済するために、生活費を削り食べたいもの、やりたい事を我慢するよりも、ローンの負担を減らし賃貸でもいいではないですか?その代わり、家族との時間も増え笑顔も取り戻す事が出来るかもしれません。ローン支払いのために頑張ることは否定はしませんが「大事なのは家ではなく家族」と考えた時、任意売却の決断ができるかもしれません。

 

3 / 1212345...10...最後 »

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

メール・FAXでの受付はこちら

CONTENTSCONTENTS

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

新着情報新着情報

運営会社運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

セルバ・プランニングの会社外観

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL