任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

離婚は問題なのか

一度は愛を誓い合った二人が、やがて離婚してしまうというのは悲しいことです。ただ、特段珍しいことでもありません。日本では、実に三組に一組が離婚しているというデータが出ております。
つまり、離婚そのものは大きな問題ということではないでしょう。ここでは、日本の離婚の実態について見ていきたいと思います。

 

離婚した夫婦

 

<地域で見る離婚>

世界という観点で見ると、日本の三組に一組というのは、多いのか気になる所です。離婚が多い国のランキングを見てみると、一位はロシアとなっております。二位にアメリカ、三位がイギリスです。日本は26位なので、そこまで多いわけではないということが分かります。
ちなみにアメリカでは2組に1組は離婚すると言われており、ロシアでは離婚そのものをそこまで大きな出来事と捉えていない人が多くおります。だから、複数回再婚することも珍しくないのです。
日本国内に絞ってみると、都道府県別で離婚の多いところが分かれます。一位は沖縄となっておりました。この理由は、低所得者層が多く、経済的な理由で離婚せざるを得なくなることが挙げられます。また、初婚年齢が低いため、その分早い段階で離婚になってしまう夫婦が多いようです。周りに離婚する夫婦が多いと、理解者も多いことも理由の一つでしょう。

 

<増える熟年離婚>

近年、社会問題となりそうなのが、熟年離婚です。今熟年と言われている世代は、いわゆる団塊の世代です。夫は仕事を、妻は家事をという、典型的な夫婦の形であったのです。ただ、社会は変わり女性の社会進出が盛んになりました。それに伴い、妻はもはや家で家事をするだけの存在ではなくなったのです。これまでは夫に養ってもらわなければ生活できないという理由で離婚できなかった人も、今はそうではなくなったのです。これが熟年離婚を増やしている理由なのです。とはいえ、お互い自立して生活できるのであれば、熟年離婚はさほど問題とは言えないでしょう。

 

今は、日本人の価値観も徐々に変わりつつあり、離婚も大きな問題として捉えなくなってきました。いつまでも不満を抱えたまま夫婦を続けるよりも、お互いがりスタートを切るという意味で肯定的に捉える人も多いのです。

住宅ローンで失敗しないように

住宅ローンは、とてつもなく長い年月の返済があります。最低でも20年、長ければ35年なんて年月にもなります。その間、自分たちにどういった事態が降りかかるか分かりません。順調だった仕事がうまくいかなくなる、健康上働けなくなるといった可能性もあるのです。
少しでもリスクを減らすために、住宅ローンで失敗しないポイントを把握しておきましょう。

 

6849

 

<相見積もりをしよう>

せっかくのマイホームだから、注文住宅にして好きな家の形にしたいという人も多いでしょう。その場合、いくつかの業者に相見積もりを取ることをおすすめします。これは少しでも価格を下げるためのポイントです。もし一つの業者にだけ依頼すると、相場をごまかされたり、利益を上げようと必要以上に価格をつり上げられるリスクが高くなります。でも、複数社に見積もりを依頼すれば、相場も分かりますし、先方も契約を取るためにごまかそうとはしません。見積もりは、交渉の材料にもなりますし、自分達が求めている物件が、いくらぐらいの価値なのか分かるのです。

 

<工務店任せにしない>

せっかく注文住宅にするのであれば、多少ワガママになっても構いません。よくないのは工務店任せにしてしまうことです。自分たちが今後何十年も住む家です。何が必要で、何が不要かは自分で判断しなければなりません。いくら相手がプロであっても、自分の意見や要望はしっかりと伝えましょう。
相手のいいなりになると、不要なオプションを付けられてしまい、無駄に高くなってしまうこともあります。

 

<最低限の知識を持つ>

住宅を建てる場合、さまざまなところと交渉をし、契約をすることになります。不動産業者、金融機関、工務店、などそれぞれのプロと対抗することになるのです。向こうも商売なので、できるだけ自分達の利益が高くなるように誘導することもあるのです。
相手のいいなりにならないためには、やはり知識が必要です。最低限知っておかなければならないことは事前に学習しておきましょう。

 

住宅ローンで失敗しないためのポイントをいくつか紹介いたしました。大事なのは、自分の意見を持つこと、そして相手任せにしないようにすることです。

 

頭金と毎月の返済額の目安

住宅ローンで一番大事なのは、支払いの契約です。頭金をどれぐらい用意し、毎月いくらずつ返していくか、そして何年で支払い終えるのかを考えなければなりません。
そこには、自分の収支とのバランスを考えることはもちろん大事です。それだけではなく、今後自分の収入がどうなっていくのか、他にどんな支出があるのか、総合的に見ていく必要があります。
ここでは、住宅ローンの頭金と毎月の返済額の目安を説明したいと思います。

 

住宅ローンの返済額

 

<頭金の目安は>

まず最初に考えなければならないのは、頭金をどれぐらい用意するかです。一般的に、住宅ローンは融資限度額を物件価格の80%までとされております。つまり、不動産の価格を全てローンで賄うことはできないということです。例外として、一定以上の収入があるなど、いくつかの条件を満たしていれば、物件価格の100%融資が認められることもあります。ただこれは確実ではありません。であれば、やはり頭金を用意しておくことを前提で考えなければなりません。
さて、融資限度が80%となっているのだから、頭金は物件価格の20%は用意しなければならないことが分かります。3000万円であれば600万円は必要です。ただ、これは最低限なので、もっと用意できれば、その後のローンが楽になるのです。やはり最初に多めに支払うことが理想的です。

 

<毎月の返済額の目安は>

次に考えるのは、毎月の返済額の目安です。一般的に年間の返済額は、年収の20%程度にすればよいとされております。年収500万円の家庭であれば年に100万円を支払う必要があります。月に換算すると、8万円弱でしょうか。
かつては年収の25%ほどが目安になっておりました。しかし、税収の負担が増え、またかつてほど景気は大幅な上昇は期待できません。だから今の時代は20%が目安となるのです。
ちなみに、現在済んでいる家賃+毎月積み立てている住宅購入積立金の合計を、返済額の目安とする場合もあります。

 

住宅ローンことを考える場合、頭金と毎月の返済額の二点を考える必要があります。自分の収入と見比べて、理想的な支払い計画を立てましょう。

住宅ローンを滞納するとどうなるのか

人は、毎月何かのお金の支払いをしております。支払期日というものが決められており、それをしっかりと守っているのです。でも、時には本当にお金が無くなって支払えなくなってしまうことがあります。
住宅ローンもそうです。おそらく支払いの中で一番比重が大きく、そして最も優先的に支払わなければならないものです。そのため、もし支払えなくなったということは、それだけ経済的に圧迫されているということです。もし滞納をすると、どうなってしまうのでしょうか。

 

返済困難

 

<滞納したばかりの時期>

例えば、初めて滞納した時は、自分から金融機関側に連絡をしましょう。そして〇〇日まで支払いますという約束をする必要があります。この時期は、まだ督促などはくることは少ないです。相手側に誠意を表すことで、その後も問題なくお互いの信頼関係を続けることができるのです。
ただ、滞納が2カ月3カ月と続いた場合は、少し違います。その時期には、金融機関側から、何かしらの連絡があることでしょう。電話でもそうですし、督促状や催促状が郵便で届くことになります。この状態は、事態が急を要する時期です。もし少し待てば支払いが可能なのであれば、金融機関側にきちんと連絡し、支払い約束をしましょう。もし一時的に支払えても、その後滞納する可能性が高く、支払いが難しいのであれば、売却することを検討することが必要です。

 

<最終的には競売になる>

滞納期間が3カ月~6ヶ月以上になると、住宅ローンを一括返済するのか、それとも売却するのかという選択を迫られることになります。そして何も手続きを取らなかった場合には、いよいよマイホームを手放すことになってしまうのです。その際、自分で何もしなければ競売にかけられてしまいます。裁判所が競売の手続きを開始し、住宅は担保として差し押さえられたことになります。そして、裁判所の執行官が、自宅に調査に来るなど、いよいよ家にいられなくなります。そして立ち退きの命令が下り、競売がスタートするのです。

住宅ローンは、滞納すると最終的には家に居られなくなってしまいます。当然のことではありますが、やはり厳しいものです。そうならないように、しっかりとローン返済をしましょう。

住宅ローンは何年が理想的か

自分の持ち家を購入するとなると、なかなか一括のキャッシュで購入するのは難しいです。多くの人が住宅ローンを組むことになります。収入によって、そして自分たちの人生設計によって、何年のローンを組むのかはわかってきますが、一般的に何年で組むのが理想的なのでしょうか。

住宅ローン

 

<65歳までに終わるように組むのがベスト>

住宅ローンを組む場合、もちろん短ければ短い方がよいのですが、収入によるものなので、そう簡単にはいきません。でも最低限意識したいのは、65歳までにはローンが終わるように組むことです。65歳というのは、定年の年です。今は、会社で早期退職を募る場合があるので、60歳で定年を迎える人もいらっしゃいます。今後日本の会社が、何歳まで働けるようになるのか分かりません。ただ今の常識としては65歳なので、それまでに住宅ローンを組むようにしましょう。
それを前提に考えるとなると、自分が借り入れをする年齢から、65歳までの年齢を差し引いた年数が、住宅ローンの理想的な年数となります。もしそれで計算し、毎月の返済額が明らかに自分の収入で返せないようであれば、諦めたり別の道を考える方がよいでしょう。無理をして組むというのが一番危険なのです。

 

<利息を考えるとより短い方がよい>

ただ、もしローンを組むのであればやはり短い方がよいです。その理由はもちろん利息です。借入金額が同じであっても、返済期間が長ければ長いほど、返済額は大きくなります。例えば、1000万円を金利3%で借りた場合、25年ローンでは返済額は1423万円です。でも、35年返済の場合、1616万円になります。その差額は193万円です。金額が大きくなるとその差は大したことがないように思えますが、車一台購入できてしまう金額です。その額を貯蓄しようと思うと、1年では足りません。やはり利息のことを考えると、短めに組むのがよいとされているのです。

 

住宅ローンを組む場合は、65歳までに終わる計画で組むこと、そしてできる限り短い期間で組むようにしましょう。自分の人生にできるだけ重荷にならないようにするのが理想的です。

住宅ローンで破綻する人の特徴

夢のマイホームを手に入れたとしても、その後に待っているのが住宅ローンです。多くの人が30年から35年という長い年月をかけて返済し続けることになります。もちろん契約する時は、それなりに安定した収入があり、それを前提でローンを組みます。ただ、人生全てが順風満帆にいくわけではありません。中には住宅ローンによって破綻する方もいらっしゃいます。そして、破綻する人にはある特徴があるというのです。
住宅ローンの負担
<危ないのは高収入の人>

実は住宅ローン破綻の危険性がある人は、高収入であるということが多いのです。特に、世帯収入が1000万円以上の方です。やはり年収が1000万円を超える人は、自分たちを特別だと認識してしまうことがあります。周りも羨望の目で見ることもありますし、不動産業者もこうした人たちには特別扱いするように接します。「あなただけに、この特別価格で」というようなセールストークで乗せられて、少し無理をしてしまう不動産だったり、価格以上の価値のない不動産を購入してしまうのです。また高級住宅を購入すると、周辺にも高級住宅が立ち並んでいることもあります。そうすると、周りの人の生活レベルに合わせてしまい、生活費も圧迫してしまう可能性が高いのです。
それに対して、収入が平均的な人はそうした無理をしません。しっかりと地に足を着けた返済計画を組むのです。また生活レベルも状況に合わせて変えることができるので、破綻する可能性が低いといのです。

 

<住宅ローンは早めに>

住宅ローンを組む場合は、できるだけ早めに組むのが理想的です。もし40歳、45歳と年齢が高くなってから購入をすると、危険が多いのです。例えば40歳で35年ローンを組むとすると、65歳で定年してその後10年間は年金や、それまでの貯蓄からローンを返済しなければなりません。もしその時に、何かしらの出費が合った場合、一気に経済難になってしまいます。もしローンを組むのであれば、30~35歳前後には開始するのが理想的です。

住宅ローンで破綻するのは、高収入である人、そしてローンを組むのが遅かった人に多くみられます。自分の家を購入して不幸になりたくはないはずです。計画は余裕を持って組むようにしましょう。

 

 

 

<関連リンク>

住宅ローン破綻の原因その1<無理な返済計画>
住宅ローン破綻の原因その2<経済状況悪化>
住宅ローン破綻の原因その3<内部的要因>

自己破産のデメリット

借金問題で苦しんでいる場合、最終手段として自己破産があります。自己破産とは、簡単に言うと、自分の借金を帳消しにできる国が認めた制度です。裁判所に認められる必要がありますが、もし認可されれば、借金ゼロから再スタートできるので、こんなに素晴らしい救済措置はありません。
とはいえ、全くリスクゼロではありません。自己破産をする上で、知っておきたいデメリットを紹介したいと思います。

 

自己破産のメリット

 

<失われる信用と財産>

自己破産のデメリットに、信用と財産を失ってしまうというものがあります。ここでいう信用とは、お金に関する信用です。自己破産をした後は、クレジットカードを作る、ローンを利用する、キャッシングを利用する、これらができなくなる可能性があります。信用情報機関に自己破産したというデータが載ってしまいますので、審査が厳しくなってしまうからです。
そもそも、お金を返済しきれずに手続きを行う訳ですから、当然と言えば当然かもしれません。ただ、お金を借りるということがより難しくなるのです。しかし、これも5~7年で抹消されますので、一生つきまとうものではありません。
また、財産を没収されてしまうというデメリットがあります。これは、現金であれば99万円以上を超えるもの、財産は20万円以上の価値のあるものがその対象です。ただ、生活に必要なものは対象外となるため、一文無し、あるいは全て丸裸にされるというわけではありませんので、ご安心ください。

 

<官報に名前や住所が記載される>

もう一つのデメリットが、官報に名前や住所が記載されてしまうということです。官報とは、国の公文書など公示事項を登載し、周知させるための機関紙のことです。ただ、一般の方が目にする機会はほとんどありません。実際に見たことがある人もそう多くはないでしょう。
しかし、見ようと思えば誰でも見られるものです。自己破産をしたことを知られたくない人にとっては、少し不安になってしまうことではあるのです。

 

やはり、自己破産をすることにはそれなりのデメリットが発生いたします。それらを負ってでも、借金をゼロにして再スタートした方がよいのかどうか、十分に考える必要があります。

借金地獄でも自殺はしてはいけない

日本は、自殺大国と言われております。先進国で、治安も安定し、経済状況も他国に比べると悪くはありません。にもかかわらず、自殺者が多いとされているのです。
年間で3万人近くいるとされており、ここ数年は少し減少してはおりますが、それでもまだまだ多いです。自殺の原因の一位は、健康問題ではありますが、二位は経済状況や生活問題です。その中でも借金を苦に自殺する人がいるのです。

 

借金の悩み

 

<借金による心理的な恐怖>

借金による自殺の場合、借金そのものというよりも、借金による心理的な恐怖感が押し寄せて、それに耐えきれなくなるケースが多いのです。どれだけ働いても、どれだけ返しても、その終わらない苦しみが続き、徐々に追い込まれていくのです。借金の取り立て、近づく返済日、一向に楽にならない生活、食べたいものも食べられない、そんな状況下で人はまともな神経を保つのは容易ではありません。やがて、人生に絶望を感じるようになり、死にたいと思うことが多くなるのです。
こうした、心理的な恐怖が積み重なって、とある瞬間にトリガーが引かれ、自殺を決行してしまうのです。死んだ人は口が利けません。だから自殺して本当に楽になったかどうかはわかりません。ただ、それは最善の選択ではないことは間違いありません。

 

<遺族に迷惑がかかる>

自殺は、確実に遺族に迷惑をかけてしまいます。悲しいですし、心の中にずっと重荷を背負わせることにもあります。それだけではなく、遺族に対して借金の返済義務が移行することだってあり得るのです。
消費者金融での借金であれば、返済義務はあくまで本人です。死亡した時点で契約はなくなるので、家族に返済義務が移ることはありません。でもそれ以外のローンの場合、遺族や保証人に請求されるケースがあるのです。また自殺の場合、保険金が降りない場合もあります。つまり、丸々借金を遺族に背負わせることになるのです。それであれば、自殺する前に親族に相談する方がずっと良いでしょう。

 

いくら借金で苦しくても、自殺という手段を選んではいけません。お金の問題は、解決できないことはないのです。家族や弁護士に頼れば、必ず何かしらの手段があります。まずは思いとどまることが大切です。

自分一人で悩む前に

借金問題は、ついつい自分だけで解決しようとしてしまいがちです。それは借金をしたことに負い目があったり、プライドがある、あるいは恥ずかしいという思いから、隠す人が多いのです。
でも、借金は自分一人で抱え込むより周りに相談した方が、早く解決できることもあります。自分一人で悩んでいないで、まずは周りに打ち明けてみましょう。

 

カード財布

 

<身近な人からお金を借りて返す>

やはり最後に頼りになる人は家族です。あなたは自分の借金を家族に打ち明けておりますでしょうか。もちろん怒られたり、あきれられたり、突き放されたりという場合もあるでしょう。ただ、家族のつながりは消えません。可能であれば、家族の人からお金を借りて、早めに返済を終わらせてしまった方がよいでしょう。
そのためには、頭を下げ、しっかりと説明し、どうして借金をしたのか正直に打ち明けなければなりません。そして、必ず家族の人にお金を返すということを誓い、信用してもらうよう努力しましょう。
家族の人も、貸したお金に利子をつけたりすることはしないでしょう。普通に金融業者に借金を返すよりも、返済総額は少なくて済むのです。頼る人がいる内が華です。まずは身内に頼れる人がいないか見直してみてください。

 

<弁護士に相談>

家族もお金を貸してくれるほどの余裕はないということであれば、あとは弁護士に頼るしかありません。弁護士の方に相談すれば、もっと現実的で確実な方法を提案してくれます。特に債務整理に関しては、今の借金がなくなるケースもあったり、過払い金が戻ってくることもあります。
また、借りている先がいわゆる闇金という所であれば、返済義務はありませんので、闇金業者に取り立てを行わないように申し出をしてくれます。
やはり専門家に相談した方が、解決する手段も豊富に提案してくれますし、解決できる可能性もぐんと上がります。

 

借金問題は、自分一人で抱えてはいけません。周りが見えなくなり、最悪な場合、自殺するという手段を選択してしまう人だっているのです。そんな事になる前に、まずは周りの人に相談してみましょう。きっといちるの光明が差し込む事でしょう。

借金地獄の解決手段

多額の借金があり、人生の先行きに不安を抱えてしまっている人が世の中にはたくさんいらっしゃいます。ただただお金を返し続ける毎日で、日常の楽しみがなくなったり、将来に対して前を向けなくなってしまうこともあるのです。
そんな借金地獄を解決するための手段は一つです。それが債務整理をすることなのです。

 

カードと金

 

<任意整理・民事再生>

 

債務整理には三つの手続きの方法があります。一つ目に、任意整理というものがあります。よくテレビCMで過払い金が発生し、借金がなくなるかもしれない、というものを見かけると思います。あれは任意整理によってもたらされるものなのです。
簡単に説明すると、取引開始時にさかのぼり利息制限法の上限金利に引き下げて再計算します。そして借金を減額し金利をカットした上で、元本のみを3年ほどの器官で分割して返済する和解案を金融業者と結びなおすものです。手続き後は、和解した内容で返済を続ければよいのです。未払いに対しての金利や、将来の金利、そして遅延損害金がカットされるので、普通に返済するよりもずっと負担は軽減されます。
次に民事再生について説明いたします。これは現在の借金の返済が難しいことを裁判所に認めてもらい、減額された借金をあらためて数年かけて返済する手続きとなります。減額されるのはおよそ5分の1から10分の一までとなります。民事再生では、高価な財産を手放す必要はありませんので、最もリスクの少ない手続きとなります。

 

<自己破産で再スタート>

 

そして最も分かりやすいのが、自己破産です。支払い不能になった状態であることを裁判所に認めてもらい、借金をゼロにしてもらうことです。自己破産手続きをすれば、全ての借金から解放されます。そのため、収入は全て生活費に使うことができるのです。
ただ、現在価格が20万円以上の財産を手放さなければならなかったり、信用情報機関に自己破産した事実が掲載されてしまいます。そういったリスクはありますが、再スタートを切るという意味では、メリットが大きな手続きです。

 

借金地獄を解決するための手段として、債務整理があります。まずは弁護士に相談し、どの手続きが一番よいか決めましょう。

 

1 / 812345...最後 »

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

お客様にお伝えしたい事

任意売却支援センターの方針

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL