任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

こんな結婚の仕方は離婚しやすい

結婚といっても、人それぞれ色んな形があります。恋愛結婚から、お見合い、イメージはよくありませんが、昔は政略結婚などもありました。ただ、日本では三組に一組が離婚すると言われており、全てが上手くいくわけではありません。
その中でも、特に離婚しやすい結婚の形があるというのです。

 

離婚する家族

 

<国際結婚は離婚しやすい>

近年は、グローバル化、そしてインターネットの発達によって、海外との交流も盛んになりました。日本に訪れる外国人も増え、また日本の文化を外に発信する機会も増えたことで、より人と人とが近くなったのです。それに伴い、国際結婚もふえてきているのです。
ただ、国際結婚が増えたということは、それだけ離婚もふえるということです。実際、国際結婚をした中で、どれぐらいの割合で離婚をしているのかご存知でしょうか。実は、約7割が離婚してしまうと言われているのです。
ちなみに、国際結婚自体の割合は、全体の5%程度です。そこまでの比重ではないものの、その中の7割が離婚するというのは、多すぎる気もします。
一般的に離婚の原因は性格の不一致が一番多いとされております。そこに言葉の壁や、文化の違い、考え方の違いという要素も加わるわけですから、やはり結婚生活は困難を極めるのです。

 

<出来ちゃった結婚も危険>

結婚する前に妊娠が発覚し、結婚する場合も、離婚しやすいパターンといわれております。これは特に若い世代に多いことが原因です。最初に妊娠というきっかけがきているので、結婚するという意識が少し欠けてしまうのです。また、妊娠した責任を取る形での結婚であったり、勢いで結婚するということも多く、しっかりと将来を描けていない状態で夫婦生活に突入してしまいます。そこで待ち受けるのが、子供の養育、そして経済の問題です。プレッシャーが重なり、お互いに相手を尊重できなくなり、やがて離婚をしてしまうことになってしまうのです。

 

やはり、相手のことをしっかりと理解し、そしてこの人となら結婚しても上手くいくという、ある程度の確信がないと、関係は長くは続きません。国際結婚やできちゃった結婚はそういった確信が持てないまま結婚することが多いので、離婚しやすいのでしょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL