任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

どう違う?住宅の競売と任意売却

住宅の任意売却と競売、家を売るという点では同じに見える二つの言葉ですが、実際のところはどのように違うのでしょうか。「大して変わらないでしょ」と甘く考える方もいるかもしれませんが、両者の違いは大きく、場合によっては債権者の方がかなり損をしてしまう場合もあり得ます。
そこでここでは、似ているようで違う、競売と任意売却について紹介したいと思います。
競売と任意売却

選べるなら任意売却を選択すべし

大して変わらないだろうと考えている方もいるかもしれませんが、住宅を売りに出すのであれば、少なくとも家の所有者本人にとっては、競売よりも任意売却の方がはるかにメリットが多く、おすすめです。
まず、家を売却した後で生じる引っ越し費用などを捻出してもらえる可能性があります。これは交渉の内容にも左右されますが、引っ越し費用だけでなく、マンションの滞納管理費なども支払わなくてよい場合が多いです。
また、単純な売値が、競売と比べると高いです。競売にかけられた家は、一般相場の5割から6割程度の値段しかつきませんが、任意売却の場合には一般の相場とほぼ同額での取引がなされます。家を売る人は、住宅ローンの滞納をなんとかしたいという場合がほとんどでしょうから、この金額の違いは見逃せません。残された借金に関しても、分割払いでの返済が可能になったりと、事後の交渉においてもメリットが多いのが任意売却です。

 

競売にはデメリットも多い

また、費用面でこれだけの差があるにも関わらず、競売にはデメリットな面も多くあります。
まず、競売になると「家を売った」という事実が周囲の人々に知られてしまう可能性があります。競売にかけられた家が、新聞や住宅情報誌などに載せられるためにそうなるのですが、任意売却の場合は、この辺りを周囲に知られることなく行うことができます。
任意売却と違い、引っ越し代の工面もありません。また、売値が安い分残債が多く残るため、債権者との交渉も難航しがちになると言います。このように、任意売却と競売ではそのメリットに雲泥ともいえる差があり、住宅ローンの滞納をなんとかする際には覚えておく必要があります。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL