任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

マンション、一戸建てを買うなら今! 住宅ローン、マイナス金利のヒミツ

最近よく聞く「マイナス金利」という言葉。それと同時に住宅を買うなら今がオススメとも言われています。以下では、なぜ今がいいのか、マイナス金利で住宅ローンはどう変わるのか、その謎をひもといてみましょう。

 

家の見積住宅契約

 

■マイナス金利って何?

金利とはお金の貸し借りに生じる手間賃のようなもの。例えば私たちが銀行にお金を預けると利子がつきます。これは銀行にお金を貸しているという考え方ができるので、その分手間賃がもらえるのです。

しかしもしこれが逆であればどうでしょう。お金を銀行に預けたら、その分手間賃を持っていかれてしまうのです。これでは銀行に預ける意味がなくなってしまいますから、多くの人が他のお金の使い方、ため方を模索します。

実はこれがマイナス金利の仕組みです。実際には日銀と各金融機関との間で行われているマイナス金利ですが、それが私たちの生活にも少しずつ影響を与えてきているのです。すぐに私たちが銀行に預けるお金に手間賃が生じるわけではありませんが、これを機会にお金をためずに使おうという考え方が増えて、市場にお金が回り、景気をよくしていくことが狙いなのです。

 

■お金を借りたのにプラスになる?

各金融機関はマイナス金利により、お金をため込むことで不利になるため、積極的に貸出先を探しています。これが住宅ローン金利が下がる原因です。低金利であってもため込むよりは良く、住宅ローンは長期にわたる貸し出しで貸し倒れの可能性も低いので、各金融機関が競うように引き下げをしているのです。

マイナス金利は長引くといわれていますから、そうなると私たちの周りにも影響が強く出てくる可能性があります。先にあげたように、お金を借りる側が手間賃をもらうという常識ではありえない状況になると、住宅ローンを組んだのにプラスになるということがあります。実際日本ではここまではなることはないといわれていますが、それだけ住宅ローンを組むのにお得な時期ということなのです。

 

■マイナス金利のうちに家庭の収支をチェック!

住宅ローンが負担になり、滞納、督促、引越、任意売却といった状況になっている家庭もあるかもしれません。しかしいま借り換えをすれば、その負担がかなり変わってくることもあります。一度銀行や弁護士に相談し、住宅を手放さずに済む方法を考えてみましょう。

また、新たにマンションや一戸建を買い住宅ローンを組もうと思っている人も注意が必要です。市場にお金が回るようになってくると物価が上昇し、不動産の価格も上がります。金利が下がっても家そのものが高価になれば買いづらくなってしまいますから、じっくり良い物件を見極めるようにしましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL