任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

一般売却との違い

住宅ローンの返済が厳しくなってくると、住宅の売却を考える人も少なくありません。早めに売却すれば住宅の売値も自分で決めることができますが、住宅ローンを滞納すると債権者に法的手段をとられ、競売へ申し立てられます。そうなると入札で売却されることになるため、売値はかなり引き下げられます。
住宅ローンを滞納、または住宅ローンが売却金額より上回る状況で売ることを任意売却といいます。住宅ローンが残っているとしても一括で返済できる場合、または住宅ローンの滞納がない状況で売却することを一般売却といいます。

 

一般売却とは

一般売却は売値を自分で決められるだけでなく、売買契約をする時期も自分で決めることができます。物件の引き渡し日も買主と合意すれば、自分の都合の良い日に引き渡すことが可能です。
しかし残債については自己負担となりますので、売却金額だけでは不足している場合、残りのお金を用意していなくてはなりません。残債が払えなければ、もちろん抵当権を抹消することができません。
一般売却は物件が売却されるまで、住宅ローンを支払い続けなくてはなりません。また引越しにかかる費用なども自分で用意しなくてはいけません。

 

任意売却とは

高額な住宅ローンを組んでいる場合、少しでも高額でマイホームを売却したいと思うのは当然です。売値を自分で決められる一般売却のほうが理想的ですが、残債がある場合は任意売却を利用するほうが何かとメリットも大きいといえます。
任意売却は物件を販売する場合、債権者の同意が必要となります。売買金額や物件の引き渡しなどについても債権者の同意が必要です。

 

売却に出している間の住宅ローンはかからないことと、場合によっては引っ越し費用も支給されることもありますので、残債が残っている人にとってはありがたい売却方法といえるでしょう。
しかし売却まで時間がかかりすぎてしまうと、競売にかけられてしまう可能性もあります。また、住宅ローンを滞納したとして信用情報に記録されてしまうので、その後5年間はローンが組めなくなってしまうなどのデメリットもあります。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL