任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

不動産と契約する時に覚えておきたい、保証会社の存在

家を買う時の障害の一つ、連帯保証人

例えば、新しく家を購入するとして、不動産とローンの契約を結ぶとします。その際に必要となるのが、自分の支払いを一緒に保証してくれる連帯保証人の存在。ローンの支払いが計画通りに完済されれば、それほど必要となる存在でもありませんが、万が一支払いに支障が出てしまった場合に、非常に大切になる存在です。
ですが、近年の核家族化や2008年のリーマンショックによる失業者の増加、正規雇用者の減少に伴ってか、連帯保証人を見つけることが難しい人が増えていると言います。一昔前であれば、自分の親族に頼むことが通例だった連帯保証人ですが、親が高齢だったり、そもそも頼めそうな親族が身近にいなかったりと言う人は意外と多く、不動産業者においても、売買契約を結ぶ際にネックになることもあるようです。
形式上はサインをするだけの存在とはいえ、いざと言う時の責任が大きい連帯保証人。そこそこの収入と、債務者に対する信用や親密な関係性が無ければ中々請け負えるものでもないため、すぐに見つけるのは中々難しいようです。

 

 

連帯保証人を請け負ってくれる会社

近年の不動産取引においては、個人の保証人を付けるケースは少なくなっており、そんな世情に後押しされてニーズが上がっているのが、ここで紹介する保証会社の存在です。
簡単に言えば、家賃の何割かを支払うことで、連帯保証人を務めてくれるのが保証会社です。連帯保証人としての役割は個人に頼む場合とほぼ同じで、何らかの理由で支払いが滞った場合には、債務者の代わりに家賃やローンの支払いを行ってくれる存在です。
不動産の中には、個人の保証人よりも保証会社を信用しているところも存在し、連帯保証人のサインを必要としない業者、物件の中には、この保証会社との契約の締結が前提とされているものも存在すると言います。
不動産側、債務者側双方にとって何かとメリットも多い保証会社ですが、その反面、悪質な営業を行っている業者も確認されているなどリスクも多く、契約をする際には事前調査を慎重に行う必要があります。先述した通り、保証会社との契約締結を条件とする不動産物件もありますから、そういった物件を買う際には、不動産だけでなく保証会社の方も調べてみるようにしましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL