任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

不動産の競売はデメリットだらけ

せっかくマイホームを手に入れたのに、住宅ローンが払えなくなってしまった。そんな時は、泣く泣く家を手放さなければなりません。そして手続きの多くが競売という形式が取られます。
しかし、競売には家の持ち主の方にとって、非常に多くのデメリットが生じます。どんな内容なのか、説明していきましょう。

 

不動産競売のデメリット

 

<周囲の人に知られる>

物件を差し押さえられ、競売物件になってしまうと、インターネットや新聞、チラシに競売物件として掲載されてしまいます。ましてや住所は同じなので、住所をインターネット上で検索され、そこが競売物件になっていることが簡単に分かってしまうのです。
物件が売られているということは、そこに居られなくなったことが分かるということです。他人には黙っていようと思っていても、知り合いに何かあったのではとうわさされてしまうのは時間の問題なのです。

 

<売却しても債務が残る>

競売にかけられたからといって、たくさんの人が落札しようとしてくれるわけではありません。ほとんどが業者によって購入され、業者は転売目的で更に売却をします。だから、通常よりも安い費用で落札されてしまうのです。本来の相場の50%程度まで下げられて落札されることもあるのです。
そうなると、残っている住宅ローンの賄うまでいきません。家を失ってしまい、更に債務も残り続けるという最悪なケースになってしまいます。

 

<退去予定が立てにくい>

裁判所によって物件が差し押さえられてしまうと、裁判所からの命令待ちとなります。それがいつになるのかはっきりしないため、売却時期が分かりません。自分の引越しの準備など、次の生活の準備が立てにくくなるのです。
その点、任意売却であれば、不動産会社が間に入ってくれるので、ある程度自分の任意で計画は立てられます。また、引越し費用も負担してくれることもあるため、競売より自由が利きます。

 

 

住宅ローンを支払えなくなるのは自己責任かもしれません。とはいえ、競売にかけられてしまうと、更に窮地に立たされることになります。そうならないように、しっかりと計画通りにローンを完済しましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL