任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

不動産を売買する際には、司法書士に相談する方法も!

頼もしい相談相手は、専門業者だけではない

不動産の売買についての相談と言うと、専門の一般業者に相談を依頼するというのが通例かもしれません。確かに、高額な買い物の中でも個人の裁量が大きい不動産は、法律に関する知識よりも、土地や家に関する経験値や知識が豊富なイメージのある人の方が、相談者としては頼もしく感じます。
こういった専門の業者に相談するのも良いですが、司法書士に依頼して、契約に携わってもらうことにもメリットも多いです。不動産業者の中には、売買契約に第三者として司法書士が関わることを喜ばしく思うところもあるくらいです。
基本的には、司法書士の選択は売り手ではなく買い手に一任されていることがほとんどです(一部例外もあり、その場合には業者の側で指定された司法書士が専属となります)。不動産を買う際には司法書士についても調べておくと、契約がスムーズに進むでしょう。

 

 

売買契約の頼もしい味方。不動産業者にとってもありがたい存在

司法書士は、登記や供託に関する手続きを代行するのが仕事。不動産売買においてもその職務は同様であり、公正な契約をしっかりと締結するためには、頼もしい存在です。
不動産業者と言っても、何も善良な業者だけではありません。中には悪質な業者もいるかもしれませんし、知らないうちに自分にとって不利な契約を結んでしまう可能性もあるかもしれません。そうなれば、一度契約を結んだあとで、思わぬ支払いや条件を知らされることもまれではありません。
そんな心配を減らしてくれるのが司法書士であり、この点は、多くの公正な不動産業者にとっても重用されているようです。また、司法書士のように「業界の仕事がわかっている」人が債務者以外に契約の場にいることで、業者の仕事(主に債務者との見積もりや各種手続きなど)がやりやすくなるというメリットもあります。そのためか、不動産業者の中には以前から関係のある司法書士を買い主に紹介するというケースも珍しくはないそうです。このように、公正に公正を重ねたうえでの契約締結であれば、買う側としても安心して契約書にサインできますよね。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL