任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

今さら人には聞けない、不動産売買の基礎知識

不動産。一生に一度の買い物

不動産業者と契約し、新しい家を買う。長い人生の中でも重要な買い物の一つです。良い土地、良い家を手に入れたいという熱意はもちろんですが、その後の資産運用のことを考えても、自分にとって無理のないローン、売買契約を交わしておきたいものです。
不動産の売買自体は日本では半ば常識であり、その基本となる要素については説明を省いているサイトも多いです。しかし、土地や家を買うということは、大抵の人にとっては人生に一度のみの経験。そのため、聞きたくても聞けないこと、知りたくても調べづらいことが多い人もいるはず。
知っている人にとっては「今さら」かもしれませんが、ここでは不動産売買の基本について紹介したいと思います。

 

住宅ローンの基礎知識

 

意外と知られていない、不動産売買の基本

基本的に、不動産の売買は個人の自由とされています。もちろん、公序良俗を守るという前提はつきますが、売り手と買い手との間で自由に契約されるのが、不動産売買の基本的なスタンスです。逆に言えば、契約に関しては自己責任であり、その支払い金額やプランの策定なども、自己責任、判断で行わなくてはなりません。
また、不動産売買には消費者契約法が適用されます。これは、専門知識や情報収集力などにおいて専門業者に劣る消費者を守るための法律であり、消費者への商品(この場合は物件)の説明責任などを規定したものです。
このように、自由ではあれども一定の権利が消費者に保証された法整備によって、現在のような一般人による不動産売買が守られています。

 

 

契約時に支払う「手付金」の意味

また、不動産の売買契約で、締結時に手付金が必要となります。手付金にも色々な種類がありますが、不動産売買契約では「解約手付」と言われるものを支払う義務があります。これは、一度結んだ売買契約を解除する必要が生じた時のために支払うもので、売り手側が契約時の内容とは違った条件を求めてきた際、それを買い手が不服に感じた時に必要となります。契約の際に何も考えず無造作に支払っている方もいるかもしれませんが、契約上重要な意味をもつ大切なお金です。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL