任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却する時の引越しのタイミングは?

任意売却で購入者が見つかると、愛着のある家からすぐに出たくはありませんが、所有者はその不動産を新しい買主に引き渡しをしなければならず、物件から引っ越ししなければなりません。ただ、すぐに引越し先が見つかるわけでもないですが、任意売却をする際には、どのタイミングで引越しすればよいのでしょうか。

 

 

早く引越せばよいわけではない

不動産を明け渡すことが決まっているのだから、すぐにでも引越しした方がよいだろう。多くの人がそう考えるかもしれません。でも実際は、早く引越せばよいというわけでもないようです。
まず、抵当権者が担保権の抹消を渋ってしまうと、任意売却そのものができなくなります。また買主が決まったからといって、契約が成立するわけではありません。例えば、住宅ローン特約付きでの契約を買主がしても、売主が本承認される前に引越してしまうと、本承認がおりません。ゆえに契約は白紙となってしまい、売却できなくなってしまいます。
つまり、安易に引越しをしてしまうと、その後に任意売却ができなくなる可能性があります。不動産が売れなければ、住宅ローンの残り夫妻に充てることもできませんし、引越しどころではなくなります。引越すタイミングとしては、任意売却の契約が全て成立したことが決まってからです。不動産会社とよく相談し、引越し日を決める必要があります。

 

任意売却時の引越しは、ギリギリまで待つ

任意売却する際の引越しは、ギリギリまで待つのが得策です。先ほど説明したように、契約が白紙になるリスクがあるのも一つの理由ですが、それ以外にも理由があります。それは、任意売却中は金銭的な負担がなくその家に住むことができるからです。
また、任意売却をすると、売却代金から引越し代の一部を捻出できる可能性もあります。これは相手との交渉次第ですが、もし売却前に引越ししてしまうと、引越し可能な財力があると認識され、費用が捻出されない可能性があります。

よって、任意売却時の引越しをするタイミングは、契約が全て完了してからで問題ありません。そして、できるだけ期日ギリギリまで居ることで、金銭的な負担が少なくなる可能性があります。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL