任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却で連帯保証人に迷惑が掛かることはある?

借金やローンをする際、時に必要となってくるのが連帯保証人を設定することですよね。これは簡単に言うと、債務者本人の支払いが不可能になった時、その連帯保証人が返済をすることとなるシステムのようなものです。いわゆる債務を保証するという人を立てることが必要となるワケですね。これに関しては、親族や友人に頼んで連帯保証人になってもらう方が多い傾向にあります。当然迷惑は掛けたくないですよね。

 

サイン

 

■誰を連帯保証人にするのが良いの?
連帯保証人にする相手に迷っているという方も多いかもしれませんね。基本的に借金やローン関係というのは、あまり良い印象がないため、いきなり「保証人になってくれ」なんて言うと警戒されてしまうことが多いです。しっかり理由を説明した上で、保証人になってくれるかどうか判断してもらいましょう。もちろん強制的に連帯保証人になってもらうことはできませんし、相手が同意しなければ保証人として立てることはできません。良く考えて相手を探しましょう。

 

■親族や友人が多い傾向にある
保証人にする相手としては、やはり親族が一番多いと言って良いですね。兄弟や親、その他の親族に頼むという方が多いです。これに関しては、第一に「頼りやすい」という面があり、万が一迷惑を掛けることになっても関係が壊れにくいためと言われています。友人なども多いですが、友人などに連帯保証人になってもらうと、どうしても金銭面でギクシャクしてしまうこともあります。基本的には親族に頼むようにし、どうしてもいない場合は親しい友人に聞いてみてはいかがでしょうか。

 

■任意売却で連帯保証人に迷惑は掛かる?
基本的に任意売却の場合、連帯保証人に迷惑が掛かることはあまりありません。しかし、任意売却は住宅ローンが払えなくなった時などに行うものなので、滞納し始めた時から、連帯保証人に連絡が入る場合があります。「○○さん(債務者)が滞納している件で」と連絡が入ってしまうかもしれません。せっかく保証人になってくれた人に、ローンが破綻したことを伝えておくことは、勇気が必要なことですが必要なことです。必ず連絡を取るようにし、しっかりと説明して納得してもらうようにしましょう。

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL