任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却について弁護士に相談するメリットとは

任意売却は弁護士要らず?!

任意売却に限らず、借金関係の問題を抱えた時に思いつくのが「弁護士に相談してみる」という選択肢。専門家のアドバイスや話を聞くだけでも、適切な対処や状況認識ができるというのであれば、相談する価値はあるというものでしょう。むろん、弁護士に相談するにはお金がかかりますから、お金に困っている時にさらに支払いを、というのがはばかられる人もいるかと思います。とはいえ、借金問題に対して適切な対策をするのが自分一人では難しいという場合には、有効な選択肢の一つであることに変わりはありません。

 

ただし、借金問題の中でも、任意売却関係に関して言えば、弁護士に相談するメリットは薄いと言わざるを得ないようです。その主な理由としては、任意売却自体は債務者と債権者の間で行われる手続きであって、裁判所や税務署と言った公的な機関が介入することがないケースもあるということが挙げられます。

 

任意売却の場合、むしろ専門の業者に(しかも早期に)相談をした方が、それ以外の選択肢に関する相談もできるため、メリットが多いと言います。費用面でもこちらの方が安くまとまるため、弁護士よりもオススメです。

 

弁護士に相談

 

弁護士が必要となるのはこんな時

では、任意売却をするなら弁護士はお役御免と言うかと言えば、もちろんそんなことはありません。ある一定の条件にあてはまる場合の任意売却においては、むしろ弁護士に相談する、事態に介入してもらうといった対処がかなり有効になるケースも存在します。

 

その代表的な例として、ローンの借入先の業者が闇金だったりと、交渉内容が不正なものになる可能性があります。業者と話をしていて、少しでもそのような可能性を感じたのであれば、弁護士に事情を説明してみる価値があるでしょう。
また、ローン以外にも様々な借り入れがあるという場合にも有効です。その場合には、任意売却以外にも自己破産など様々な債務整理を行う必要があるため、何が自分にとって最も賢い選択なのかを知るうえで、弁護士への相談が有益です。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL