任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却にはどんな費用がかかるのか

自分の持ち家を手放すことになった場合の手続きの一つに、任意売却というものがあります。競売に比べると、売却価格が高くなる可能性があり、どうせ手放すのであれば、任意売却という人も多くいらっしゃいます。
では、この手続きをするために、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。実は、売却する側の持ち出し費用は、0円にすることができるのです。

 

任意売却の費用

 

<売買する代金から清算が可能>

不動産取引をする際には、仲介手数料や司法書士手数料、あるいは登記費用といった料金が発生することがあります。一般的に不動産を売却する場合、売買代金の3~4%は手数料として費用が発生するという認識で問題ないでしょう。ただ任意売却ではこれらの費用を別途支払う必要はありません。売買代金から清算することが可能なのです。
手数料だけではなく、さまざまな諸経費も清算することが可能となります。例えば、滞納した管理費や修繕積立金、税金の差押えの解除費用などもそれに該当いたします。他にも清算可能な費用はありますので、任意売却をする際の担当者に相談しましょう。
ちなみに、仮に契約が成立せずに売却にならなかった場合、相談の費用などは発生しません。そのため、できるかどうか迷っている人はまず相談した方がよいです。

 

<こんな業者は注意しよう>

ただ、手続きを行う不動産会社の中には、一部不当な費用の請求をするところもあります。例えば、「販売促進費」「任意売却申請費」などの名目で費用を請求してくるような会社は注意してください。本来これらの費用は、不動産取引では認められておりません。宅地建物取引業法違反になります。にもかかわらず請求してくるのは、そこまでの知識がない、あるいは知ってて請求している悪徳業者の可能性があります。そんな被害に遭われた場合は、不動産会社の免許権者に連絡をしましょう。

 

任意売却をする場合、自分自身で別途手続きなどの費用を用意する必要はありません。ほとんどが売買代金から清算することが可能なのです。その分残債は残ってしまいますが、自分で別途費用を用意するよりもずっと利用しやすくなります。

 

任意売却ブログ「負担金0円の理由」のページも参考まで!

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL