任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却にまつわるトラブル

家のローンが支払えなくなった、そんな時に手助けとなるのが任意売却という手続きです。競売よりも融通がきき、家の売却価格も高くつく可能性があるので、債務者にとってメリットの多い手続きです。
ただ、一方で手続きに際してのトラブルなども報告されており、どんな方に対しても順風満帆にいくわけではないようです。一体どんなトラブルがあるのでしょうか。

 

任意売却のトラブル

 

<余計な手数料を取られる>

任意売却は、不動産取引の一つです。だから、報酬は仲介手数料のみが認められております。そしてその金額も取引価格の3%+6万円と決められているのです。しかも任意売却では持出の手数料は必要ありません。しかし、これまでの実例としてに、任意売却申請費というものや、コンサルティング料を請求してきた業者が存在しているようです。
例えばコンサルティング料は、請求できるのは不動産コンサルティング技能士の資格を持った人が、不動産の仲介業務意外の特別な業務をする場合のみです。もし、仲介手数料以外に請求された場合は、その会社の免許権者に連絡しましょう。宅地建物取引業法違反となるので、免許取り消しや罰金などが課せられることがあります。こうした手数料のことも、あらかじめ把握していなければ、そういうものなのかと、何の疑いもなく支払ってしまう人が多いのです。それがのちのちトラブルになることがあります。

 

<引越し費用にまつわるトラブル>

多いトラブルの一つに、引越し費用にまつわるものがあります。任意売却のメリットの一つに、売買する代金の中から、引越し費用を控除してもらえるということがあります。ちなみに上限が30万円となっており、債権者との交渉でその費用は決まります。その金額の補償は、どの金融機関も行ってはいないのです。一部の業者では50万~70万払いますのような広告もありますが注意してください。後々トラブルの要因となります。
ただ、債権者との交渉次第で取ることができるものなので、そこは任意売却担当者の腕にかかってきます。そこで、あまり実力がない担当者がついてしまうと、引越し費用をほとんど債務者が負担することになったりするなど、トラブルの元となることが多いのです。

 

今回は一例を挙げましたが、他にもトラブルは多数報告されております。トラブルを回避するには手続きする人が知識を付けるしかありません。

 

任意売却ブログ 任意売却で悪徳業者は本当にいるのか?  もご参照ください。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL