任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却のメリットとデメリットを考える

住宅ローンが返せなくなって、泣く泣く家を手放すことになった場合、任意売却という手段を選ぶことができます。通常、ローンの返済が難しくなってそのままにしておくと、やがて家庭裁判所によって競売にかけられるようになります。その前に、不動産業者に相談し、任意売却を行うことができるのです。当然メリットもあれば、デメリットも出てきてしまいますが、ここでは両者の見るべきポイントを説明していきます。

 

任意売却のメリットとデメリット

 

<さまざまなメリットが>

競売ではなく任意売却を選ぶ人の大半が、売却価格の違いを理由とします。競売にかけられた物件は、本来の市場価格の半額近くで売却されることがほとんどです。でも、任意売却であれば市場価格に近い金額で売却できるので、住宅ローンの残債務をより減らせるのです。
また、任意売却の場合には、家庭裁判所などの担当者もきませんし、周りの人に知られることなく、手続きができます。滞納によって家を出なければならなくなったことは、誰でも知られたくないと思いますので、非常にありがたいのです。
また、支払い方法や、家の退去時期にも柔軟に対応してくれます。競売は、退去命令がいつ出るのか分からないですし、出たら従わなければなりません。その点任意売却は、不動産業者が柔軟に相談に乗ってくれるのです。

 

<手間と時間がかかる>

任意売却において、デメリットのひとつはやはり手間と時間がかかる事でしょう。まず、どこに依頼するのかを探すのに時間がかかります。不動産業者に依頼することになりますが、一社だけでは比較ができません。複数の業者に相談することになるため、その分時間と手間がかかります。
また、決済や契約を自分でしなければなりません。競売は自分が何もしなくても勝手に手続きは進んでいきます。しかし任意売却は、自分で契約から交渉までしなければならないのです。また決済をする時は平日しかできないので、仕事をしている人は休む必要が出てきます。

 

いかがでしたでしょうか。どんなものにもメリットとデメリットはありますので、その上で見極める必要があります。任意売却にするのか、はたまた競売にかけるのか、十分に考え、専門家に相談した上で、決めるようにしましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL