任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却の問題点

競売と比べれば遥かにデメリットの少ない任意売却ですが、任意売却にもデメリットはあります。また悪質な任意売却を仲介する業者があり、判断力が必要です。任意売却が可能な時期は競売の期間入札が始まる頃までと言われています。あくまで目安ですが、その時期は借入金の返済が滞ってから1年ぐらいでやってきます。

 

考えあぐねている間にあっという間に競売に掛かってしまうのです。慌てて任意売却に取りかかっては冷静な判断が出来ません。任意売却を最後の手段と考えている人もいるでしょう。新たな雇用先を見つける、ローンの組み直し先を見つけるなどの早期取り組みはもちろんですが、任意売却のことも返済が滞るもっと早い時期から検討しておく必要があります。

 

任意売却の問題点

 

任意売却の問題点①ブラックリストに載る

任意売却をすると、金融機関のブラックリストに載ります。しかし、これは任意売却をしたからというよりは、ローンの返済が滞ったという理由です。従って任意売却を行う時点では、ブラックリストに載ることは不可避です。

 

任意売却の問題点②悪質な業者の存在

悪質な業者の多くが最初から多額の引越し費用や現金の受け渡しを約束したりしてきます。逼迫した状況だとこの甘い話に引っ掛かってしまうかもしれません。しかし、こういった業者の多くは適正価格より安い金額で住宅を売却し、転売による利益を得ようとしています。もちろん、良質な業者さんの中にも引越し費用を約束してくれるところがありますが、甘過ぎる話には注意した方が良いでしょう。

 

任意売却の問題点③任意売却が成立しない

任意売却の決断を行えば、必ずしも問題が解決するという訳ではありません。まず債務者が同意してくれなければ任意売却を行うことは出来ません。税金を払わず差し押さえをされている場合も滞納している金額を納税し差し押さえを解除してもらわないと売却出来ません。これらの条件をクリアしていても物の売買ですので、取引出来なかった、思っていた資金が手に入らなかったということがあります。

 

こういった問題を解消したり、見極めたりするために、任意売却には時間が必要です。返済が滞った時点ではなく、できる限りもっと前から任意売却の可能性を視野に入れて考慮しておくべきでしょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL