任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

任意売却の際、引越の代金はもらえるのか

ある意味一番困る引越代

任意売却で家を売却した場合に、地味に問題になるのが引越の費用です。住宅ローンの返済のために、今まで住んでいた自分の家を手放さなくてはならないわけですから、当然、手続きが済んだ後には、新居を探し、引越を行わなくてはなりません。
ですが、任意売却をするほどに経済的に困窮している場合、引越費用の工面には一苦労する人も多いと言います。所帯が大きいほど引越費用も膨らみますし、前提として費用が賄えるほどの収入や貯蓄があるのであれば、任意売却をするほどの事態にはならないからです。
そうなると、必然的に任意売却の交渉を進める段階で「引越費用」の問題が売却する人と業者との間で話題になると言います。

 

任意売却の引越代

 

引越代を工面してもらえるかは交渉次第

任意売却時の引越費用。端的に結論を述べれば、「業者が出してくれる時もあれば、そうでない時もある」というのが現実のようです。
実際問題として、引越費用も賄えないほどに貧窮した方が任意売却をするというケースは多いようです。当然、業者や金融機関としても、引越してもらえなければ家を売却できないので、交渉の段階できちんと条件面の折り合いがつけば、必要経費として引越費用を補てんしてくれます。

 

要は、売却に際して引越代の工面が現実的経済的に厳しいという点を、金融機関に理解してもらうことが大切です。
ただし、一から十まで費用を工面してくれるというわけではありませんから、その点は留意する必要があります。引越費用と言っても10万円から、高くても50万円程が限度となりますし、荷物の梱包や搬送などは自分でしなくてはなりません。また、肝心の新居選びに関しても、自分の選択次第となります。引越代を工面してくれるからと言っても、何から何まで面倒を見てくれるというわけではないので、勘違いしないようにしましょう。

 

ちなみに、肝心の引越代を受け取るのは、ある程度荷物の整理がつき、売り渡す家が完全に空になってからになることが多いと言います。つまり、実際に引っ越すよりも多少の遅れがあるということです。金融機関からすれば、任意売却交渉の援助として支払うものになるために、そのタイミングとなるということも理解しておきましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL