任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンで失敗しないように

住宅ローンは、とてつもなく長い年月の返済があります。最低でも20年、長ければ35年なんて年月にもなります。その間、自分たちにどういった事態が降りかかるか分かりません。順調だった仕事がうまくいかなくなる、健康上働けなくなるといった可能性もあるのです。
少しでもリスクを減らすために、住宅ローンで失敗しないポイントを把握しておきましょう。

 

6849

 

<相見積もりをしよう>

せっかくのマイホームだから、注文住宅にして好きな家の形にしたいという人も多いでしょう。その場合、いくつかの業者に相見積もりを取ることをおすすめします。これは少しでも価格を下げるためのポイントです。もし一つの業者にだけ依頼すると、相場をごまかされたり、利益を上げようと必要以上に価格をつり上げられるリスクが高くなります。でも、複数社に見積もりを依頼すれば、相場も分かりますし、先方も契約を取るためにごまかそうとはしません。見積もりは、交渉の材料にもなりますし、自分達が求めている物件が、いくらぐらいの価値なのか分かるのです。

 

<工務店任せにしない>

せっかく注文住宅にするのであれば、多少ワガママになっても構いません。よくないのは工務店任せにしてしまうことです。自分たちが今後何十年も住む家です。何が必要で、何が不要かは自分で判断しなければなりません。いくら相手がプロであっても、自分の意見や要望はしっかりと伝えましょう。
相手のいいなりになると、不要なオプションを付けられてしまい、無駄に高くなってしまうこともあります。

 

<最低限の知識を持つ>

住宅を建てる場合、さまざまなところと交渉をし、契約をすることになります。不動産業者、金融機関、工務店、などそれぞれのプロと対抗することになるのです。向こうも商売なので、できるだけ自分達の利益が高くなるように誘導することもあるのです。
相手のいいなりにならないためには、やはり知識が必要です。最低限知っておかなければならないことは事前に学習しておきましょう。

 

住宅ローンで失敗しないためのポイントをいくつか紹介いたしました。大事なのは、自分の意見を持つこと、そして相手任せにしないようにすることです。

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL