任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンの催促状が来る前に任意売却の検討を

突然届く「催促状」の意味

住宅ローンの返済を長々と延滞していると、銀行から「催促状」というものが届きます。平たく言ってしまえば、延滞したローンをいついつまでに支払いなさい、というものになるわけですが、これを無視してしまうことには大きな問題があります。
まず、催促状が届く前から、その人の元には支払いを促す書状が何回か届いています。催促状というものは銀行側にとっても軽いものではなく、なんど促しても返事が来ない場合に送るものです。催促状には支払わなくてはならない金額とその期日が明記されており、これは厳守しなくてはなりません。

 

最後通告の「催告書」

しかしながら、送られた側がお金が用意できなかったり、そもそも具体的な返答をしなかったりと言った態度をとってしまうと、さらに「催告書」と言われるものが届きます。催告書が届いた場合には、単にローンを支払うだけにとどまりません。支払いが成されない場合には、その人の家が半ば強制的に競売にかけられてしまい、自分のものではなくなります。
要は、今まさに自分の住んでいる家が無くなるわけです。これはもう、ローンを支払うとか言うレベルを超えているのがわかるでしょう。ちなみに、このような形で競売に掛けられた場合、通常よりもはるかに安い相場で家が売られてしまうと言いますから、催告書を無視したとしても、当人に一切のメリットはありません。

 

無視しないできちんと相談してみる

銀行も悪徳業者ではないので、支払う側が真摯な姿勢で相談をすれば、払う額は変わらずとも、納得のいく形での交渉をしてくれます。催告書を受け取りたい人はいないでしょうから、まずは相談をし、自分の窮状をきちんと伝えましょう。そのうえで、自分の家を競売にかけるのではなく、例えば任意売却の手続きを行うなど、双方がある程度納得できる結論を見つけるようにするのが大切です。任意売却の手続きでいくらお金がもらえるかはさすがに個人差がありますが、催告書を無視したことで競売にかけられるよりは高い金額になることは確実です。いずれ支払わなくてはならないローン問題であるならば、正面からしっかりと向き合い、より賢い選択ができるといいですよね。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL