任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンの支払いに困ったら親族間売買という手がある

やっぱり頼れるのは親族です。困ったことが発生すると、知人や友人に相談したり助けてもらったりすることもあるでしょう。でもお金の問題だけは、他人を頼るわけにはいきません。そこで協力を要請するのが、親族です。
住宅ローンも同じであり、もし支払いに困った時は、親族間売買という方法があります。一体どんな手法なのでしょうか。

 

親族間売買って何?

親族間で、不動産の名義を変更する場合、二つの手段があります。一つが売買、もう一つが贈与です。贈与は、贈与税が発生するため、かえって高くつくことがあります。でも親子間売買であれば、親族が不動産を購入するものなので、高額な税金は発生せず、一度の手続きで済みます。だから、親子間、あるいは親族間で不動産を受け渡しする際には、税金対策としてあえて売買という手続きを取る人がおります。
ただし、親族間売買だからといって、割安な価格で売買するわけにはいきません。なぜなら、適正価格で売買しなければ、みなし贈与税がかかることがあるからです。
つまり、親族間といえども、普通に不動産を売買するのと同じ手続きを踏む必要があります。債務者は、売買にとって得た金額をローンの返済に充てることができます。
また、不動産を他人の手に渡さずに、親族間に買ってもらうことで、その家に住み続けることもできます。

 

親族間売買の注意点

不動産を親族間売買する際には、いくつか注意点があります。まず気にしなければならないのが、譲渡所得税です。不動産の売却によって得られた利益に対して、譲渡所得に対しての課税が発生することがあります。譲渡した側、つまり売りたいと思っている側に発生する税金なので、気をつけなければなりません。
また、不動産の登記名義の書換は忘れずに行いましょう。親族だからつい手続きを忘れてしまいがちですが、忘れるとリスクが大きいです。不動産の名義が変わっていないことで、遺産相続の際にトラブルになることもよく聞かれます。面倒でも必ず手続きはしておきましょう。

親族に不動産を購入してもらうことで、家を親族の間に残しておくことができたり、住み続けることができるようになります。親族に頼れる人がいれば、一度相談してみるとよいでしょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL