任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンの残っている不動産の売却

様々な理由から、不動産を処分しなければならなくなることもありますよね。ですが、住宅ローンが残っていたらどうでしょうか?完済しなければ、勝手に売却することはできないような気がしますよね。実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

返済途中の住宅ローンでも不動産の売却は可能

住宅ローンを返済している途中の不動産の売買に関しては、ごく普通に行われていることですし、個人間の売買でも可能なのです。実際に住宅ローンが残っていると、売却ができないのであれば、かなりの多くの人が困ってしまうことになります。
例えば、引越しをする場合もそうですよね。単身赴任という方法もありますが、1人暮らしの場合はどうでしょうか?ですから、返済途中の不動産を売却して新たな土地に購入することになりますから、住宅ローンが残っていても売却は可能なのです。

 

 

どうやって住宅ローンが残っている不動産を売却するか

住宅ローンを利用する際、一般的には購入した不動産に対して抵当権が設定されています。この抵当権は、住宅ローンが完済になるまではそのままということになります。ですから、抵当権が設定されたままの不動産を購入するというひとはまずいません。
ですから、まずは、抵当権の設定を外すということが必要になるのです。それには住宅ローンの完済ということになります。ですが、そのお金がないからローンを利用しているのですから、そう簡単ではないですよね。通常はその不動産を売却したお金をローンの返済に充てることになります。ですが、売却額が受託ローンの残額より低い場合は完済できません。その差額は自分で用意しなければならないのです。

 

 

不動産の売却と住宅ローンの返済を引き渡し日に行う

不動産を引き渡すタイミングと代金の受領は、法律上で同じタイミングである必要があります。ですから、その引き渡し日に代金が回収できますから、そのタイミングに合わせて住宅ローンを完済します。もちろん、不足分は自分で用意しておきます。このタイミングであれば、法務局での抵当権の抹消手続きができるので、抵当権が外れた状態での売却が可能になるのです。
銀行や法務局での手続きが必要になりますから、司法書士の先生に依頼して代行をしてもらいましょう。費用もそれほど高額ではありません。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL