任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンの滞納

住宅ローンを滞納すると、最悪の場合、競売にかけられたり、任意売却をしなければならなくなってしまいます。こうなるとその住宅に住むことはできなくなってしまいます。ですが、そのマンションや一戸建ての住宅にそのまま住み続ける方法もなくはありません。親族間売買を行ったり、リースバックをすることで引越をしなくても、そのまま住み続けることは可能なのです。

 

住宅ローンの滞納

 

親族間での売買

親族間売買にもいろいろあります。夫婦間や親子間もそうです。例えば、父親が返済している住宅ローンを自分が肩代わりして、その名義を自分の名義にするといった場合です。また、他人に売却するよりも、身内に。といったところでしょうか。これには、いくつか注意しておくこともあるのです。
親族間の場合、その不動産の売買代金をいくらにするかということが重要になります。その不動産の時価と売買金額の差額によっては、買主に贈与税がかかったり、また、売主に譲渡所得税がかかることがあるのです。そのため、売買金額は慎重に決めなければなりません。また、資金調達においても、親族間の不動産の売買では保証会社がつきません。そのため、一般的な住宅ローンと比べるとどうしても金利が高くなってしまったり、保証人が必要になることがあるのです。
いろいろと考えなければならないことも多いので、個人で進めるよりは、やはり、専門家に相談するのが安心です。第三者への売却であれば、不動産仲介業者にお願いすればよいのですが、親族間の場合はどうでしょうか。任意売却に関する専門の相談室などもありますから、そういったところに相談するのがよいでしょう。

 

リースバックの利用

リースバックというのは、現在所有しているマンションや一戸建てといった不動産を買い取ってもらい、その不動産をリース契約するというものです。ですから、売却はしても、そのまま住み続けることが可能になるのです。そのリース契約が満了したあとは、また、その不動産を買い取って自分の所有とすることも可能なのです。
これは、住宅ローンの返済が厳しいけれど、今の家にはずっと住み続けたい。といった場合だけでなく、その他の場合にも有効です。引越しはできないけれど、資金の調達はしておきたい。という場合にも向いています。これは、老後のための資金調達であったり、他人には知られないように資金調達をすることができるのです。

 

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL