任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンの返済の落とし穴

今お金が余っているし、貯金があるから住宅ローンを一気に払ってしまって、すっきり1からスタートしたい!
金銭面にしっかりしていて、周りからの信用が厚い人ほど、なるべく早くお金を借りているという状況を脱出したくて、こう考えるでしょう。しかし、住宅ローンの繰り上げ返済には見落とされがちな落とし穴があります。

家とマンションのローン

 

例えば夫婦2人だけの家庭やお子さんが小さい家庭では、これから先、教育費が増加していきます。お子さんが小さい内に住宅ローンを一括で支払い、その後お子さんが就学してから教育ローンを借りるとこの教育ローンの方が金利が高く、生涯支出として支払った額が大きかったというケースが考えられます。

 

定年退職される方は退職金でまとまったお金が家計に入ってきます。これから先、いつ何が起きるか分からないので退職金でまとめて住宅ローンを返済してしまいたいと考える方がたくさんいるでしょう。
その時、ローンの残高を月々の月賦はそのままの金額で返済期間を短くするか、返済期間はそのままで月々の月賦を少なくするかという選択ができます。多くのすっきりした人が前者を選択しがちですが、実は後者の方が、金利部分が減り、長い目で見た場合に、支払総額が少なくて済みます。

 

老後は現役時代と比べて、月々の収入が減る為、今までと同じようにはローンが払えない月があるかもしれません。悲しい話ですが、最近、老後破産の問題がよく取り上げられています。
その原因のひとつに30~40代の住宅ローン返済計画が挙げられます。バブル期に30~35年ローンを組んでしまい、支払いが70代まで続く。住宅ローンの返済に現役時代の月々の収入を当ててしまい、老後の蓄えを備えられておらず、退職金を当てにしていたが生活費が足りないというケースがあるようです。

 

また、若い人でも一生の買い物だからと、妥協ができず、つい予算を大きく組んでしまい、ローンが返済できないケースがあります。もしローンが返済できなければ、強制的に競売に掛けられます。その前に自らの意思で持ち家を売る「任意売却」という手段もありますが、どちらにしても、せっかく購入した我が家を手放さないといけなくなってしまいます。
返済計画は一時のすっきりしたいという思いや思い切りだけでなく、専門家を交えながら話した方が良いでしょう。

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL