任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンは何年が理想的か

自分の持ち家を購入するとなると、なかなか一括のキャッシュで購入するのは難しいです。多くの人が住宅ローンを組むことになります。収入によって、そして自分たちの人生設計によって、何年のローンを組むのかはわかってきますが、一般的に何年で組むのが理想的なのでしょうか。

住宅ローン

 

<65歳までに終わるように組むのがベスト>

住宅ローンを組む場合、もちろん短ければ短い方がよいのですが、収入によるものなので、そう簡単にはいきません。でも最低限意識したいのは、65歳までにはローンが終わるように組むことです。65歳というのは、定年の年です。今は、会社で早期退職を募る場合があるので、60歳で定年を迎える人もいらっしゃいます。今後日本の会社が、何歳まで働けるようになるのか分かりません。ただ今の常識としては65歳なので、それまでに住宅ローンを組むようにしましょう。
それを前提に考えるとなると、自分が借り入れをする年齢から、65歳までの年齢を差し引いた年数が、住宅ローンの理想的な年数となります。もしそれで計算し、毎月の返済額が明らかに自分の収入で返せないようであれば、諦めたり別の道を考える方がよいでしょう。無理をして組むというのが一番危険なのです。

 

<利息を考えるとより短い方がよい>

ただ、もしローンを組むのであればやはり短い方がよいです。その理由はもちろん利息です。借入金額が同じであっても、返済期間が長ければ長いほど、返済額は大きくなります。例えば、1000万円を金利3%で借りた場合、25年ローンでは返済額は1423万円です。でも、35年返済の場合、1616万円になります。その差額は193万円です。金額が大きくなるとその差は大したことがないように思えますが、車一台購入できてしまう金額です。その額を貯蓄しようと思うと、1年では足りません。やはり利息のことを考えると、短めに組むのがよいとされているのです。

 

住宅ローンを組む場合は、65歳までに終わる計画で組むこと、そしてできる限り短い期間で組むようにしましょう。自分の人生にできるだけ重荷にならないようにするのが理想的です。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL