任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンを滞納したら

夢のマイホームを手に入れたいと思うと、相応の資金が必要になりますよね。住宅ローンなどの借金も、多少であれば何とかなりますが、無理な額を借りてしまうと、後々の返済が厳しくなってしまいます。最悪の場合、せっかくの家を差押えられ、立ち退かなければならなくなってしまいます。そうなってしまう前に、ある程度の知識は持っておきたいですよね。今回は、住宅ローンの滞納についてご紹介します。

 

町並み

 

支払いができなくなったら

住宅ローンはその金額から、長期間にわたって返済が必要になります。その間には病気になったり、転職を余儀なくされたりと、収入が下がってしまうこともあるかもしれません。収入が下がってしまうと、今まで何とか返済できていた住宅ローンが返済できなくなってしまうこともあります。滞納が続くと、住宅は競売にかけられてしまいます。もちろん、住宅を手放すことになり、立ち退かなければならないのです。
そうなってしまう前に、まずは、住宅ローンを借り入れている銀行や住宅金融支援機構に相談をすることです。住宅金融支援機構は以前、住宅金融公庫とよばれていたもので、銀行と同様に住宅ローンを扱ってします。期間を延長して月々の返済額を減らしてもらったり、とりあえず利息だけ返済するといったような様々な対策が可能なのです。競売になる前に、段階的に通知が届くので、きちんと確認するようにしておいたほうがいいでしょう。

 

競売と任意売却

住宅ローンを返済できなくなってしまい、滞納が続くと住宅ローンは一括返済しなければならなくなります。そして住宅は競売にかけられることになります。ですが、競売だと売却額はかなり安くなってしまいます。そのため、競売にかけられる前に任意売却を行ったほうがよういでしょう。それには、銀行等の了解が得られなければならないのですが、銀行は競売であれば、保証会社から代位弁済され、ローンの残金に加えて遅延損害金を保証会社に一括で支払わなければならなくなってしまいます。
任意売却の場合は、残金がそのまま残ってしまいますが、回収不能とされた場合に、債権がサービサーに譲渡されます。サービサーとは債権回収会社のことです。その後は、返済はサービサーに対して行われることになります。その返済についてはサービサーとの交渉で返済額が決まることになります。

 

滞納の始まりは再建への道筋  の記事も参照ください。

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL