任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅ローンを返済しないと信用情報機関に登録される

住宅ローンを返済しないと、結果的に信用情報機関に登録されてしまうこととなります。いわゆるブラックリストと呼ばれているもので、これに一度登録されてしまうと、厄介なことになるので、できれば支払いはしっかり済ませておきたいですよね。住宅ローンというものは、長年支払っていくことになるので、どうしても返済できなくなる場合もあります。その場合も信用情報機関に登録されてしまうので注意しましょう。

破産

 

■ブラックリストではなく信用情報機関

ちまたでは「借金を返済しないとブラックリストに載る」ということや「滞納し続けるとブラックリスト行きだからな」ということが叫ばれていますよね。しかし、実際にブラックリストというものは存在しません。あるのは信用情報機関というもので、ここに借金の踏み倒しや滞納などについて登録されるのです。自己破産などをすると、確実に信用情報機関に登録されてしまうので、行動する時は慎重に選択していきましょう。

 

■信用情報機関に登録されてしまうとどうなるの?

一度信用情報機関に登録されると、新たにローンを組めなくなります。もちろん新規でクレジットカードを作ったりすることも難しくなります。簡単に言うと、例えば友人にお金を貸したのに、それが返ってこないことがありますよね。こういう時、自分の頭の中で「こいつにはもう貸さない」と決めるはずです。金融機関としても返してくれなくなる人に貸すことはできないということです。だからこそ、信用情報という形で登録しておき、融資する時に参考にするわけです。

 

■信用情報機関に登録されたら二度とローンは組めないの?

原則としては信用情報機関に登録されると、借金やローンなどができなくなります。しかし、これに関しては5年ほどで情報が元通りになることもあります。一生借り入れできないというわけではなく、一定の期間を過ぎればまた借り入れすることはできるようになります。その点は心配しなくても大丈夫です。ただ、一番良いのは信用情報機関に登録されないことなので、その辺は十分注意しましょう。住宅ローンなどの場合は、しっかり払っていればブラックリスト行きはあり得ません。延滞しても返済する意志があり、可能性があれば登録されることは避けられます。どうしても払えない場合は、任意売却で回避することもできますからね。

 

任意売却をするとブラックリストに載るのか? 参照ください。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL