任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

住宅売買で知っておきたいこと

転勤で引越ししなくてはならなくなった、古くなってきたので買い替えを検討している、相続で引き継いだけど住む予定がないので売却したい、などといったいろんな事情から、住んでいる住宅を手放さなければならない場面が発生するものです。中にはまだ住宅ローンの残っている場合もあるので、思うように売買手続きが進まないこともあります。

 

住宅街郊外マンション

 

空き家が増え続けている現状

最近では経済状況が好転しているので、一時は停滞していた不動産売買も活発になっているとされています。しかし、年々、高齢化していく社会の中で、空き家問題は深刻化しており、中古のマンションや一戸建てが値崩れを起こしているとも言われています。
一部の都心部では、土地価格も高騰していますが、地域によっては、横ばい状態が続いており、過疎化の進む地域になると、より一層値崩れをしている状態となっています。

 

マイホーム離れする若者

また、最近は若年層の住宅に関する意識に変化が表れているため、何が何でもマイホームを所有したいという若い世代の人が減少傾向にあります。それよりは気軽に住める賃貸住宅を選ぶ人が多くなっています。
マイホームを所有することが家庭の幸せの象徴だった時代とは異なり、なるべく生活費をおさえながら無理なく生活するのが今どきの世代の考え方になっているのではないでしょうか。

 

ローンが残っていたら

そのためか、親からの住宅を相続した場合でも、自分たちがそこで生活するよりは、すぐに売却を考える人も多いようです。まれにローンの残っている住宅を相続することもありますので、そうなった場合は簡単に売却できないことも考えられます。
そんなときは親族間売買を考えたり、リースバックなどを利用してみるのも一つの方法かもしれません。親族間で話がまとまるのが理想的かもしれませんが、親族であるからこそ、揉めてしまうことも少なくありません。
不動産会社とリースバック契約をして、いったんは住宅をリース物件として賃貸にだしたほうが、ローン費用を算出できる場合もありますので良いかもしれません。
契約内容にもよりますが、リース期間が終了してから、またそこで暮らすことも可能なのも魅力ですよね。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL