任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

借金問題に悩まされないための「良い借金」と「悪い借金」の見分け方

借金という言葉を聞くと、悪いイメージを抱く人は多いことでしょう。しかし借金も見かたを変えれば、プラスに転じる良い借金もあるのです。ここではプラスになる借金とマイナスになる借金の違いをご紹介します。

 

借金問題

 

■会社は借金をして成長していく

会社などは事業拡大をしようと思っても、資金がなければできません。そのため銀行からお金を借りて事業を行い成長していきます。これはほとんどの企業や会社が行っていることで、将来性のあるプラスの借金(良い借金)ということになります。

 

しかし事業が思うように進まず、借りたお金を上手に運用できないとなれば会社が育たず事業も拡大できません。思ったほどの利益が出なければ銀行からの借金も支払うことができず、返済に苦労し滞納してしまうことも。返済できないとなれば銀行もお金を貸すことはできませんから、どこの金融会社に頼んでもお金を借りることができず運転資金に悩み、成長できなくなります。もし借金を滞納しているとなれば最悪の場合は倒産、債務整理などの状況となり資産を売買しても会社を維持できなくなります。これがマイナスの借金(悪い借金)ということになります。

 

■個人でも投資をすることでプラスの借金ができる

上記のような会社の借金と同じように、個人でもプラスの借金をすることができます。一般的に悪いイメージのついているマイナスの借金は、個人レベルだと「浪費癖のある人」「ギャンブル好きな人」などが多いもの。これらは消費するだけで残ったり増えたりすることがほとんどありません。

逆にプラスの借金は、不動産や株などの投資に使う借金です。基本的にこれらは余裕のある資金で運用することが望ましいといわれていますが、不動産経営などマイナスのリスクが少ない投資においては、借金をしても長期的に見ればプラスに転じやすくなっています。そのため、計画的に利益が見込めそうなら銀行もお金を貸してくれますし、自分にとってもプラスになる良い借金になるのです。

 

■資産運用は計画的に

どのような資産運用でも確実ということはなく、やり方次第では誰でも借金問題に発展し、債務整理や自己破産、民事再生という状況になることもあります。住宅を持っていれば任意売却、競売ということもありえるでしょう。しかし計画的な資産運用ができれば、悪い状況をいち早く察知し、最悪の状況だけは避けることができるはず。今の自分の借金が悪い借金になっていないか、良い借金の状態になっているかを常に確認しながら、上手に資産運用をしてみてください。

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL