任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

借金問題を抱えた人がマンションを借りる時に気を付けたいこと

不動産は個人の借金問題までは調べないが…

新しいマンションに引っ越したいと思った時、もしも借金問題を抱えていたとしましょう。特にその方面の知識に詳しい人でなければ、「借金があってもマンションは借りられるのか?」「信用に傷がついたりはしないだろうか」と不安になるのではないでしょうか。
確かに、借金を抱えているという事実は、賃貸契約を結ぶ上では不利だと言えるでしょう。これから継続的計画的に家賃を払ってもらう、その相手がすでに借金を抱えているというのであっては問題があるようにも思えます。
しかし、現実のところ、賃貸契約を交わす際に、相手の借金問題まで調べるような不動産業者は少ないようです。というか、個人の借金に関する情報というのは、そうそう表に出る情報ではありません。基本的には、お金を借りた金融機関と、それが所属している信用情報機関以外には入手できない情報であり、不動産業者がそれを調べたりするようなことは、かえって問題になります。
しかし、だからと言って、「借金問題を気にせずマンションを借りても大丈夫」ということにはなりません。借金問題を抱えながらマンションを借りる場合には、気を付けなくてはならないことがいくつかあります。

 

 

借金問題を調べられる会社も存在する

最もよくあるのは、契約した不動産が信販会社と提携しているという場合。不動産はともかく、信販会社は信用情報について調査することができるため、借金の有無についても調べることが可能です。そこで借金の存在がばれたりすると、入居審査に落ちるということもあり得るようです。
また、マンション契約時の連帯保証人となってくれる保証会社。こちらについても、借金問題については調査できます。不動産との契約は問題なくとも、連帯保証人を見つけることが難しくなってしまうため、家に住むことができなくなります。
いずれにしても、借金問題を抱えながら家を探すことには、こういったデメリットが付きまとうということは理解しておくべきでしょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL