任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

借金問題を抱えていても公庫から融資は受けられるのか

公庫には借金を隠してはいけない

借金を抱えている人が公庫からお金を融資してもらう時、借金を内緒にしていてもバレずに借りられる。そう誤解している人がいまだにいるようです。確かに、一昔前まではそれでも通った時代もあったようですが、現在ではそんな甘い話は通りません。
確かに、公庫は開業資金や教育ローンなど、多額の融資が必要になる時に頼もしい存在です。借金を抱えながらも新しいビジネスを始め、しっかり稼ぐ。そんなビジョンを持っている人にとってはありがたい話でしょう。
しかし、公庫は立派な国のお金。その審査も厳正なものであってしかるべきでしょう。融資してほしいという依頼を受けた際、公庫ではその人の借り入れに関する情報、クレジットやローンなど、を綿密に調査します。ですから、たとえ本人が事実を偽ろうと偽るまいと、融資のための検討材料として、その種の情報を公庫はしっかりと集めてきます。むしろ、変に事実を隠そうとするところを見せてしまえば、信用に傷がつき、かえって融資を断られてしまうと思った方が良いでしょう。

 

大切なのは信用されるかどうか

借金を公庫に隠そうとしている人が誤解していること。それは、借金問題を抱えていると公庫からはお金を借りられないということです。確かに、金額が多額すぎたり、返済計画の進捗がずさんであったりすれば、たとえ公庫と言ってもお金を出してはくれないでしょう。しかしながら、あなた自身がきちんとした返済計画を順守しているのであれば、公庫が融資をしてくれるというケースは珍しくはありません。
むしろ重視されるのが、あなた自身がどのくらい打算的に今ある借金問題の解決に取り組んでいるかをきちんと示せるかどうかでしょう。公庫からの融資にしても、きちんと返済していかなくてはならないものになるわけですから、重要なのは「借金があるかどうか」よりも「計画的に返済していく能力があるか」になります。自分の借金問題を隠すような行為は、それとは対極に位置するわけですから、もしも公庫からの融資を考えると言うのであれば、誠実な対応できちんと信用されるようにふるまいましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL