任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

借金問題最大の問題。年金受給者にとっての差押え

口座だけでない、差押えの怖さ

借金問題を抱えてしまった時に、一番陥りたくないのが口座の差押えでしょう。差押えが続く限り、自分がいくらお金を稼いだとしても、自由に使うことが許されなくなってしまいます。元々は自己責任によって生じてしまった問題だったとしても、お世辞にも喜ばしい事態とは言い難く、いくら借金を抱えたとしてもそれだけは避けなくてはならないでしょう。
差押えをされてしまうと、特に困るのは高齢の方でしょう。高齢となり、退職後に受け取る年金が主な収入源と言う方。そんな方が年金さえも差押えられたとしたら絶望的ですよね。ここでは、借金問題を抱えた時に起こり得る、年金受給の差押えについて解説します。

 

 

年金は差押えられないが、預金は差押えられる

基本的に、口座の差押えをされたからと言って、年金受給まで差押えられるということはありません。差押えにもきちんと法律が定められていて、年金は差押えてはいけない財産としてしていされています。
ただし、だからと言って安心はできません。年金を受給しているということは、高齢であり、すでに仕事から一定額の収入を得るのが難しい人の場合がほとんどです。いくら年金を受け取れるとは言っても、それほど大金と言うわけでもありませんから、口座を差押えられてしまった以上、何かしらの対策はしなくてはなりません。

 

差押えられないのは「公的年金」のみ

また、いったん年金として受給したお金も一度口座に預けてしまえばそれは「年金」から「預金」という扱いになります。預金を差押えること自体は、法律上何の問題もありませんから、差押えの対象となってしまいます。また、公的年金以外の年金、例えば保険会社などの年金、は差押えの対象となってしまいますから、注意が必要です。
このように、公的年金が差押えられないとは言っても、自由に使えるお金の量は確実に減ってしまうのが差押えです。差押えられないようにしっかりと資産運用をするのが理想的ではありますが、万が一のため、差押えられてしまう財産は何なのか、きちんと把握しておきましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL