任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

慰謝料はどれぐらいが相場か

離婚の際、片方に離婚の原因があった場合、もう片方は相手方に慰謝料を請求することができます。もちろん請求したからといって必ず支払い義務が発生するわけではありませんが、調停や裁判を起こし、相手方に請求する場合もあります。
では、離婚において慰謝料はいくらぐらいが相場とされているのでしょうか。ケースごとに分けて説明いたします。

 

離婚の際の慰謝料

 

<浮気や不倫のケースでは?>

離婚の原因で多いのが、どちらかが浮気をしたり不倫をしたケースです。これは明らかに原因を作った方に過失があるため、慰謝料をもらえる可能性が高いです。一般的に支払われる額は、100万円から500万円と言われております。
ただ、浮気や不倫は、客観的な証拠がないとそれを認めさせることが難しくなります。お互いのメールなどのやりとり、二人でラブホテルに出入りしている写真などが効力を持ちます。法律上は、お互いに肉体関係があったことが認められないと不貞行為とはみなされません。だから、慰謝料を請求するのであれば、肉体関係があったことの証拠を集める必要があります。

 

<DVがあった場合>

身体的、あるいは精神的な暴力が合った場合の慰謝料は、50万から500万円が相場と言われております。料金に幅があるのは、DVの内容によるからです。暴力を振るわれるようになった経緯、回数、どれぐらいのひどさなのかなどが、慰謝料を決める上での材料となります。
これも、ある程度証拠となるものを集めておきましょう。怪我をしたのであれば診断書や、外傷を撮影した写真、言葉の暴力であればそれを録音したものがあると、慰謝料を請求しやすくなります。
特に外傷の場合、時間の経過とともに、傷が癒えてしまいます。具体的な日時や場所、そして傷の場所が分かるように写真を撮っておくことが大切です。

 

慰謝料は、簡単に言うと、相手に傷つけられたので、その代償として請求するお金です。だから、上限もなければ、金額に決まりもありません。その金額は自分で決めることができます。
ただ、それが当事者間で解決しない場合は、調停や裁判などで、第三者に支払う必要があるか、そして金額の妥当性を決めてもらうことになります。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL