任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

滞納した住宅ローンを放置すると差し押さえられる

住宅ローンが払えなくなってしまった結果、不可抗力的に滞納してしまうという方も多いですよね。基本的にこれらを放置しておくと、ちょっと怖いことになります。もちろん適切に対処すれば良いのですが、放置しておくのだけは絶対にやめましょう。支払いができない場合は、逃げることを選択してしまう方もいますが、逃げるくらいならしっかり任意売却などの方法で対処した方が良いです。

家と金

 

■滞納していたらどうなるの?

住宅ローンは毎月払っていると思いますが、それを滞納すると最初は連絡がきます。金融機関から、「○月分の住宅ローンが振り込まれていません」というような内容の連絡がきます。その時点でしっかり謝り、振り込みを完了すれば良いのですが、それができないこともありますよね。住宅ローンを組んでいる人は会社に勤めていて、給料からそのまま差し引かれるようにしているという方もいます。しかし、その一方でリストラや解雇に遭い、払えなくなることも・・・。そうなると、督促状や催促状が送られています。

 

■督促状や催促状を無視すると?

督促状や催促状が郵送されてきたにも関わらず、「我かんせず」を貫き通す人もいますよね。しかし、督促状や催促状の時点で対処しておかないと、怖いことになります。金融機関には差し押さえる権利があるので、支払えないと判断した場合は住宅を差し押さえられます。簡単に言うと家を手放すこととなるワケです。今まで住んできた分、愛着などもあると思いますが、住宅ローンが払えないのであれば差し押さえられて当然とも言えます。

 

■分割権利の消失に注意しないとダメ!

住宅ローンは分割で支払うのが普通ですよね。一括で払えるという方はほとんどいません。つまり、金融機関などに融資してもらって、その返済をすることが必要となるワケです。滞納を繰り返していると、その分割権利を失うことになります。分割の権利を失うということは、金融機関が「残りは一括で払ってくれ」ということになるワケです。この時任意売却などをする方が多いですが、できればしっかり支払いできた方が気持ち良く過ごせますよね。住宅ローンは、あくまで債務者として返済する義務があるので、滞納はしないようにしましょう!

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL