任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

理想の住宅ローン返済負担率とは?

マイホームを購入する場合、どれほど予算が必要になるのか計算していない人もいることでしょう。建築費と土地代だけ用意していれば予算はことたるかといえば、そうではありません。
住宅ローンを組む場合、自分の年収や借金などに応じていくら借り入れすることが可能なのか計算されます。それでは一体どのようにして住宅ローンの予算を計算すれば良いのでしょう。

 

返済負担率とは?

年収に対してどの程度住宅ローンを返済できるかの指標として、返済負担率というものがあります。返済負担率は金融機関ごとで異なりますが、一般的には収入の30パーセントから40パーセントまで借り入れが可能とされています。
しかし実際に返済負担率を30パーセントで住宅ローンを組むと、経済的な余裕はなくなります。手取り30万円の人が10万円の住宅ローンを組むと、残り20万円で生活をしなくてはなりません。
独身や夫婦二人だけなら問題ありませんが、子どものいる家庭となるとそうもいきません。生活費以外に子どもの教育費、保険代やいざというときの貯蓄も考えると、かなり厳しい生活を求められることになるでしょう。

 

生活に無理のない返済金額にすること

住宅ローンの返済負担率は、大体20パーセントぐらいが理想的だと考えられています。30万円の収入だと住宅ローン費は6万円になり、生活もかなり余裕が出てきます。
もちろん住宅ローンは早く返すに越したことはありません。しかし毎月の生活が困窮すると、経済的だけでなく精神的に余裕もなくなります。生活費が不足して、住宅ローンを滞納してしまうことも考えられます。
住宅ローンを組む場合、なるべく生活に余裕が出る程度に抑えておくほうが良いでしょう。どうしても早く住宅ローンを返済したいと思うなら、返済負担率は低めに設定しておき、余裕ができた分は貯蓄して繰り上げ返済するのが理想的です。
ネットバンキングを利用している場合、住宅ローンの繰り上げ返済は毎月行うことも可能なので、こまめに返済していくこともできます。
一括で多額の金額を返済すると事務手数料が高くつきますが、ネットバンキングだと手数料も安いので全体の支払いを抑えることができます。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL