任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

競売よりは任意売却

住宅ローンの返済が不可能になってしまうと、せっかく購入した家やマンションを手放さなければならなくなってしまいます。なんとかして返済が続けられればよいのですが、経済的な理由などでどうしても断念しなければならない場合もありますよね。その売却額が残額より低い場合は、競売にかけられ、売却額が返済に充てられます。ですが、任意売却という方法もありますから、その違いを比較してみましょう。

 

 

競売による不動産の売却

競売のだと、裁判所の管理下で強制的に売却されますから、その売却額は相場よりかなり低くなってしまいます。そのため、残額にもよりますが、借金が残ってしまうというケースも少なくありません。また、競売の場合は、周辺での聞き込みが行われたり、チラシが配られたりするので、住宅ローンが返済できなくなってしまったという情報が近隣に知れ渡ってしまうということがあります。
また、お金を貸した銀行側としても、一部しか回収できないということにもなり、貸した側、借りた側にとってもあまりメリットのある方法ではないのです。

 

任意売却による不動産の売却

任意売却の場合、その売却額は相場に近い金額で売却できるというメリットがあります。また、引き渡しのタイミングも購入者との間で取り決めることができます。競売の場合は、強制的に立ち退きとなる場合があるので、そのあたりの融通は利くことになります。また、近隣に住宅ローンの返済ができなくなったことを知られる心配もありません。他にも、売却した金額の中から引越しの費用を引いて返済をするということが可能になります。
これだと、メリットばかりのようですが、デメリットもあります。住宅ローンの返済中の状況では交渉できないので、住宅ローンを一時的に止める必要もあります。住宅ローンの滞納により、信用情報機関に登録されてしまい、5年ほどは新しいローンが組めなくなってしまいます。

 

こういったデメリットもあるのですが、競売に比べると、借金の残額が少なくなるのはかなり大きいです。ですから、競売にかけられる前に任意売却をするのがよいのです。住宅金融支援機構も競売よりは任意売却をすすめているので、どうしても返済できなくなってしまった場合は、任意売却を考えてみましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL