任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

競売よりも任意売却が優れているポイントとは

住宅ローンがどうしても払えなくなる状況もありますよね。失業したりリストラされたり、病気になってしまったり、その他のトラブルで払えなくなるなんてことも多々あります。誰もが悪意を持って住宅ローンを滞納するということではないわけです。だからこそ、近年は任意売却などをする人が多くなっています。金融機関は競売を選択しますが、それよりも任意売却した方が良い面も多いです。

住宅

 

■市場価格や相場に合わせて売却できる

競売となると、転売目的で入札されることが多いので、かなり価格にも差が出ます。場合によっては残りのローンをカバーするには程遠い価格になってしまうかもしれません。しかし、それに比べて任意売却は、市場価格や相場に合わせて売買できる可能性があります。極力負債を残すわけにはいかないので、任意売却の方が良い面も多いと言えますね。負債を減らし、自分の負担を減らし、なおかつ家を最適な価格で売れるワケです。

 

■近所に知られることが少ない

競売に出されると、当然不動産会社の人たちや裁判所の執行官による自宅の調査などが行われてしまいます。そうなると、周りの人に「あの家、何かあったのかしら」と勘繰られてしまうわけです。しかし、任意売却の場合は通常の感覚で販売できるワケですから、当然「あぁ売りに出したのか」と一般的な感覚で売却できるのです。強制的に売買されるか、自分から売却するのかによって、精神衛生上もダメージが少なくて済むと言えます。裁判所などが介入してくると怖いですよね。それなら、自分で売却した方が心も傷付かなくて済みます。

 

■費用が一切かからないといううれしさ

競売にかけられると落札されるまでに時間がかかります。当然古くなっている家だと、あまり買い手が見つからないこともあるかもしれませんね。そうなると、遅延損害金が発生してしまって、日に14.6%掛かってしまいます。その負担はかなり大きいのではないでしょうか。ただでさえ負債が大きいのに、無駄に費用を抱えてしまうことになります。任意売却の場合は、そういう費用が掛からないので安心して販売できるわけです。全ての手続きの費用は、物件の売却費用から配分されるようになっているので、安心して売却に専念できるワケです。

 

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL