任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

自己破産のデメリット

借金問題で苦しんでいる場合、最終手段として自己破産があります。自己破産とは、簡単に言うと、自分の借金を帳消しにできる国が認めた制度です。裁判所に認められる必要がありますが、もし認可されれば、借金ゼロから再スタートできるので、こんなに素晴らしい救済措置はありません。
とはいえ、全くリスクゼロではありません。自己破産をする上で、知っておきたいデメリットを紹介したいと思います。

 

自己破産のメリット

 

<失われる信用と財産>

自己破産のデメリットに、信用と財産を失ってしまうというものがあります。ここでいう信用とは、お金に関する信用です。自己破産をした後は、クレジットカードを作る、ローンを利用する、キャッシングを利用する、これらができなくなる可能性があります。信用情報機関に自己破産したというデータが載ってしまいますので、審査が厳しくなってしまうからです。
そもそも、お金を返済しきれずに手続きを行う訳ですから、当然と言えば当然かもしれません。ただ、お金を借りるということがより難しくなるのです。しかし、これも5~7年で抹消されますので、一生つきまとうものではありません。
また、財産を没収されてしまうというデメリットがあります。これは、現金であれば99万円以上を超えるもの、財産は20万円以上の価値のあるものがその対象です。ただ、生活に必要なものは対象外となるため、一文無し、あるいは全て丸裸にされるというわけではありませんので、ご安心ください。

 

<官報に名前や住所が記載される>

もう一つのデメリットが、官報に名前や住所が記載されてしまうということです。官報とは、国の公文書など公示事項を登載し、周知させるための機関紙のことです。ただ、一般の方が目にする機会はほとんどありません。実際に見たことがある人もそう多くはないでしょう。
しかし、見ようと思えば誰でも見られるものです。自己破産をしたことを知られたくない人にとっては、少し不安になってしまうことではあるのです。

 

やはり、自己破産をすることにはそれなりのデメリットが発生いたします。それらを負ってでも、借金をゼロにして再スタートした方がよいのかどうか、十分に考える必要があります。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL