任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

賃貸併用住宅で住宅ローンの負担を減らす方法

最近流行の新築住宅で「賃貸併用住宅」というものがあります。これがあると住宅ローンの負担が大幅に減ることも。いったいどういった仕組みなのか、以下で確認していきましょう。

 

併用住宅

 

■家賃収入を得ながら新居に住む

賃貸併用住宅とはその名前通り、自分たちの住居と賃貸住宅が一緒になった家のことです。つくりはさまざまですが、一階部分を賃貸にして二階に自分たちが住む、もしくはその逆などといった感じが一般的。自分たちが新築住宅に住みながら、家賃収入を得ることができるので、結果的に住宅ローンの負担を軽減することができるのです。

 

■初期費用が高額、ローン返済も大きくなる

メリットが豊富と思われがちな賃貸併用住宅ですが、当然デメリットもあります。まず賃貸部分が1戸以上発生するので、自分たちの住居と合わせて新築物件を二つ建てるくらいの初期費用がかかります。土地は2階建て、3階建てにしていくことで最小限で済みますが、やはり初期の負担は大きく、その後のローンも月々の返済額が通常の住宅よりも高額になります。低金利ではありますが、収入が多く支払い能力が高くなければ銀行の審査を通ることはできません。

 

そして賃貸住宅ですから、借りてくれる人がいて初めて家賃収入が発生します。スムーズに借り手が見つかり長く住んでくれればいいのですが、なかなか見つからず、賃貸物件のための広告を利用するようなことになればさらなる費用も。どちらにしろ、家賃収入を当てにせずとも毎月のローンが支払えるだけの蓄えや収入が必要になり、銀行での住宅ローン審査も厳しいものになります。

 

■任意売却を避けるためにも資産の管理はしっかりと

銀行の審査にも無事通り、賃貸併用住宅を手に入れたとしても、出費増や収入減により住宅ローンを滞納すれば、差し押さえ、任意売却ということもありえます。せっかくのこだわりの住宅もこれでは台無しになってしまいますから、資産管理はしっかりと行いましょう。高所得の家庭が住む地域などでは、周辺地域の家庭と生活水準を合わせるがあまり、出費が多少きつくても無理をしてしまうことがあります。これが原因で生活が苦しくなり、借金問題に発展することもありますから注意しましょう。

考え方次第では非常に魅力ある賃貸併用住宅。もし資金的に余裕があればぜひ検討してみてください。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL