任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

近年注目されている任意売却とは

もし住宅ローンが返済できなくなってしまったら?このようなワードで検索すると、任意売却というワードがよく出てきます。以前だと、競売が当たり前だったのですが、任意売却による抵当物件の処分が増えているのです。

 

 

任意売却について

任意売却は、住宅ローンの返済ができなくなった場合に、売却しても完済ができない物件を競売でなく、自分で売却する方法です。自分で売却するとはいえ、勝手に売却することはできません。住宅ローンを利用した金融機関の合意が必要となります。ですが、競売に比べて任意売却のほうが高額で売却できるため、合意してくれないというケースはほとんどありません。
通常の売却では、住宅ローンがあると抵当権は解除されないのですが、任意売却は債権者である金融機関の合意により、完済できない状態でも抵当権が解除されて売却ができるという仕組みになっているのです。

 

 

残債務整理をする

任意売却で不動産を売っても、住宅ローンの残額との差額分は残債務として残ってしまいます。もちろん、これには返済の義務があります。任意売却後に債権者との話し合いを行ったうえで、毎月の返済額を決めることになります。債務者の希望が通るケースが多くなっています。任意売却をしている状態ですから、自己破産をされてしまっては残額は一切回収ができなくなってしまいます。ですから、少額でも返済を続けてもらうほうが債権者にとってもメリットがあるということになります。
とはいえ、残債務の額によっては自己破産の申し立ても検討したほうがいいかもしれません。但し、実際に自己破産が認められるかどうかは裁判所での審査次第ということになります。

 

 

任意売却はできないケースもある

住宅ローンが返済できないと任意売却できないケースもあります。まず、債権者の同意が得られない場合です。債権者の同意が前提ですから、同意が得られなければどうしようもありません。また、売却価格が高すぎる場合は買い手がつかず任意売買は失敗ということになります。後は、仲介してくれる業者の経験やスキル次第ということになります。
任意売却が不可能となると競売になってしまうので、なんとかより高額で売却できる任意売却に持ち込めるように努力が必要ですね。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL