任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

連帯保証人の恐怖

あなたはよく親から「連帯保証人にだけはなるな」と言い聞かされてはいませんでしたか?それぐらい連帯保証人というのは恐ろしい制度です。本来借金というのは、自分の責任で借りて、自分で返すというのが原則です。もし返済できなかった場合、取り立てをされるのも自分ですし、返済不可になった時のデメリットを負うのも自分です。でも連帯保証人制度は、そうもいかないのです。

 

連帯保証人の恐怖

 

<そもそもどんな制度なのか>

連帯保証人とはどんな制度なのか、あらためて説明いたします。万が一、債務者が債務を履行できなくなる場合、債務者に代わって保証人が履行するという制度となります。
例えば、債務者が銀行にお金を借りようとしましたが、収入などの面から許可がされなかったとします。その際に、保証人がいれば貸せますと言われる場合があります。その際に、親や親せき、知人などに連帯保証人になってもらうことで、お金を借りることができるようになりました。
その後、もし債務者が何かしらの理由で返済が不可能になった場合、銀行は連帯保証人に対して借金の返済を求めることができるのです。

 
よくテレビドラマで、人のよい親が連帯保証人になって友人の借金を肩代わりし、最終的に自殺をしたり夜逃げをしたりという話を見たことがあると思います。別に自分は借りたわけでもないのに、そこまで追い込まれてしまう。あらためて、連帯保証人という制度は恐ろしいということが分かるかと思います。

 

 

<保証会社を使う>

もし自分が連帯保証人を誰かに頼まなければならなくなった場合、親や知人は絶対にやめましょう。いくら自分に返済する自信があっても、何が起きるかわかりません。それで関係性も壊れてしまうことだってあります。
そんな時に利用できるのが、保障会社です。これは連帯保証人になってくれる企業のことです。もし連帯保証人になってもらった場合、債務者はその見返りとして保証料を支払わなければなりません。

連帯保証人は、人間関係を壊してしまうこともあり、また債務を負ってない人まで不幸にしてしまう恐ろしい制度です。もしどうしても必要な場合は、保証会社を利用するようにしましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL