任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

連帯債務で家を買う注意点。任意売却時の思わぬデメリットとは

一見便利に見える連帯債務のリスクとは

ローンで住宅を購入する時の形式の一つに、「連帯債務」というものがあります。通常、個人が一人で契約を結ぶ住宅ローンを、複数名でも連名とするというタイプの債務となります。複数名で契約を結ぶ(=収入が多いことの証明となる)ことで、個人で契約する時よりもさらに高額なローン、つまりより良い住宅を購入することができるのです。良くあるのは、夫婦共働きで、連帯債務で家を購入する、というケース。個人名義だけではどこか物足りない物件しか買えなかったものが、連帯債務とすることで一気に選択肢が充実、理想よりも良い家を購入できました、という話はよくあるでしょう。
しかし、ローンが払えなくなり延滞となり、結局家を売却するという結果になった場合はどうでしょうか。購入時にはメリットが多く見えた連帯債務も、今度はデメリットな部分が目立ち始めてしまいます。

連帯債務者

連帯債務時のメリットがあだになる

まず単純に、連帯債務で購入した家のローンは高額です。したがって、支払う金額も多くなるわけですから、その時点で計画的な支払いは難しいでしょう。二人で働いているから大丈夫と言う考え方もあるかもしれまえせんが、逆に言えば、二人の内どちらか一方の収入が減ってしまえば、一気に支払いが難しくなる危うさがあるとあるわけです。夫婦で家を買うとなれば、子どもの養育もしなくてはなりませんから、二人だけの問題にとどまらないということも肝心です。
連帯債務が最も厄介になるのは、離婚した時でしょう。ローンが残っていなければ離婚しても差し支えはありませんが、ローンが残ったままで離婚、さらに任意売却をするとなると、売却する、しないの決定はもちろん、お互いが支払う金額をいくらに設定するかというところが非常に問題になります。基本的には、離婚したからと言って連帯債務を外れるということはできない(連帯債務での借り入れは、金融機関としては二人分の収入を前提とした金額だから)ため、これからの支払いをどうしていくのかという問題は、二人の関係性を離婚の動機とはまた違った意味で行き詰まります。

 

このように、二人で責任が分散できる、その分高い家も買えるといった購入時のメリットが、支払いや二人の関係性が悪化しただけで一気にデメリットに変わってしまうことがわかるかと思います。仲むつまじい夫婦が、一緒にあこがれの家を買うというのも良いですが、その手続きにはこういったリスクもあるということは、しっかりと覚えておく必要があるでしょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL