任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

遺産相続問題、不動産や住宅ローンはどうしたらいい?

親や夫など、自分にほど近い人が亡くなることで遺産相続をしなければならないことがあります。しかし今までやったことがないだけに、どうすればよいのかわからず、困ってしまう人が多いことでしょう。以下ではそれら遺産相続の内容を簡単にまとめました。

 

三世代家と金

 

■不動産、預貯金、借金もすべて遺産

遺産というと、その人の持っていた不動産やお金が対象で、相続人同士で分割する際にもめるのが定番……という印象を持っている人も多いかもしれません。しかし実際には借金も遺産に含まれるため、遺産の合計がプラスではなくマイナスになることもあります。本人による遺言があったり、不動産などの整理をしていたりすればいいのですが、大抵は亡くなって初めてそれらが明らかになり、家族がバタバタとしながら遺産整理に追われることでしょう。

また、最近は核家族化が増えており、ほとんど会ったことのない親族の法定相続人(相続の権利がある人)に該当し、いきなりその通知が届くこともあります。基本的には弁護士などの専門家によって手続きがすすめられますが、自分が相続権利を持つのであれば、相続を明言する、放棄するなどの選択をすることができます。

 

■住宅ローンは支払う必要がない

もし亡くなった本人が契約して住宅ローンを組んでいた場合、亡くなった後は団体信用生命保険の保険金で支払われます。この保険は住宅ローンを組む場合は必ず契約するものなので、稼ぎ頭がなくなったからといってすぐに引越す必要はありません。むしろ住宅ローンの支払いがなくなったことで、そのほかの遺産整理に専念することができるのです。

これならマンションや一戸建を購入している人はその後の暮らしもある程度保証されますが、光熱費や生活費などを補うことができないとなれば、結果的に引越を考えなければいけないこともあります。自分が亡くなった後のことを生前のうちに考えたくはないという人も多いかもしれませんが、残される家族のためにも、できるだけ手続きがやりやすいようにしておくことも大事です。

法律にかかわる問題は、素人ならわからなくて当然のこと。もし困ったときは弁護士や司法書士など頼れる人に相談して手続きを進めていくようにしましょう。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL