任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

離婚する前に考えておきたいこと

結婚したばかりのときは、明るい将来のことばかり考えられるものですが、結婚生活がうまくいかなくなってくると、別れを強く意識するようになるものです。これから先、一緒に頑張っていこうと、マイホームを買っていたものの、お互い愛情が薄れてしまうと、マイホームは重荷に感じてしまうだけかもしれませんね。

 

指輪

 

どちらの名義になっている?

実際に離婚を考えた場合、マイホームを購入しているとなると、どちらの名義になっているかが問題になってきます。最近では共働きをしているケースも多いため、夫婦共有名義にして、連帯保証人になっていることも多いのではないでしょうか。
離婚が成立したとしても、連帯債務は避けられないため、財産分与については、しっかり話し合いをするほうが良いでしょう。自分たちで話し合いができるのであれば問題はありませんが、実際にはもめてしまうケースも少なくありません。
最悪の場合、裁判所に申し立てをして、きちんと財産分与について話し合いの席をたてることになります。

 

無理なローンは引き継がないこと

夫がそれなりに稼いでいる場合であれば、こういった債務についても、それほどモメることはないかもしれませんが、もし夫の収入が低い場合、どちらがマイホームを手に入れるかモメてしまうことも考えられます。
あまりにもローン残高が高い場合、慰謝料ではさすがにまかなえないことも考えられます。自分の収入が見込めるのであれば、そのままローンを引き継ぐこともできますが、子育てをしながらの離婚となると、なかなかそうもいかないものです。
今後の生活のことを考えた場合、どちらが生活に負担が少ないかを考え、マイホームを売却するのも一つの方法ではないでしょうか。新たな出会いがあることも否定できないので、そのときには、ただの重荷になってしまうことも十分考えられます。
離婚を決めたなら、全てをゼロにしておいたほうが、お互いの人生にとってプラスになるかもしれません。ローンが支払えず、任意売却を考えなくてはならないような状況だけは、絶対に避けたいものです。別れるからといって、あまりムキにならないことが、離婚にとっては大切なポイントなのかもしれませんね。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL