任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却競売について
任意売却の条件任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ成功事例
自己破産をお考えの方任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却新着情報
任意売却ブログ会社概要
お問い合せプライバシーポリシー
サイトマップ

離婚にも種類がある

残念なことに、日本では夫婦となっても、そのうち3割近くが離婚してしまうと言われております。原因は当事者にしか分からないものです。ただ、離婚の仕方にもいくつか種類があります。日本では現在4つの方法が認められているのです。それぞれ説明したいと思います。

 

離婚の種類

 

<お互いの話し合いで行う協議離婚>

最も多いのが、当事者間で話し合って決める協議離婚です。日本の離婚の9割近くがこの種類に当てはまると言われております。お互いの合意が得られれば、責任の所在や原因などを問わずに、離婚届が受理されれば成立します。手続きに時間もかからないですし、費用も発生しません。承認欄には、承認する成人2名の署名と押印が必要となります。

 

<話し合いで解決しない場合は調停離婚>

協議離婚で離婚が成立しない場合に行われるのが、調停離婚です。家庭裁判所に申し立てを行い、調停委員に介入してもらい、離婚成立を採る方法です。話し合いで解決しないということは、どちらか一方が離婚を望み、片方が望まないといったケースがほとんどです。最終的に当事者どちらの同意を得る必要があるのですが、こちらも法定の離婚原因がなくても問題ありません。

 

<裁判所が判断する、審判離婚・裁判離婚>

調停委員が間に入ったにも関わらず、離婚が成立しそうもないケースがあります。明らかに離婚成立が双方にとって有益であるが、ちょっとしたことで対立し合意が得られる見込みがない場合、家庭裁判所は職権で離婚の処分をすることが可能です。これを審判離婚と呼びます。
その際は、調停委員の意見を聞き、双方の意に反していたとしても、強制的に離婚を成立させることができるのです。
裁判離婚は、当事者のどちらかが、地方裁判所に離婚訴訟を起こし、最終的に裁判によって離婚を判断してもらうというものです。
この二つのケースは、最終的に裁判所が判断するという点で共通しております。

 

今回紹介した4つの方法で離婚を成立させることができます。ただほとんどが協議離婚で解決します。それ以外の方法になってしまうということは、それだけもめているという証拠でもあります。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL