任意売却で解決!住宅ローンの滞納・不動産競売の無料相談。東京・神奈川・千葉・埼玉

HOME 任意売却とは
住宅金融支援機構の任意売却 競売について
任意売却の条件 任意売却の依頼先
任意売却の費用と引越代 法律の専門家に相談
売却後も住み続ける方法 任意売却Q&A
お客様にお伝えしたい事 任意売却支援制度センターの方針
法律事務所の皆様へ 成功事例
自己破産をお考えの方 任意売却支援制度とは?
個人民事再生の活用方法 リスケジュールとは
離婚に伴う任意売却 新着情報
任意売却ブログ 会社概要
お問い合せ プライバシーポリシー
サイトマップ

離婚は問題なのか

一度は愛を誓い合った二人が、やがて離婚してしまうというのは悲しいことです。ただ、特段珍しいことでもありません。日本では、実に三組に一組が離婚しているというデータが出ております。
つまり、離婚そのものは大きな問題ということではないでしょう。ここでは、日本の離婚の実態について見ていきたいと思います。

 

離婚した夫婦

 

<地域で見る離婚>

世界という観点で見ると、日本の三組に一組というのは、多いのか気になる所です。離婚が多い国のランキングを見てみると、一位はロシアとなっております。二位にアメリカ、三位がイギリスです。日本は26位なので、そこまで多いわけではないということが分かります。
ちなみにアメリカでは2組に1組は離婚すると言われており、ロシアでは離婚そのものをそこまで大きな出来事と捉えていない人が多くおります。だから、複数回再婚することも珍しくないのです。
日本国内に絞ってみると、都道府県別で離婚の多いところが分かれます。一位は沖縄となっておりました。この理由は、低所得者層が多く、経済的な理由で離婚せざるを得なくなることが挙げられます。また、初婚年齢が低いため、その分早い段階で離婚になってしまう夫婦が多いようです。周りに離婚する夫婦が多いと、理解者も多いことも理由の一つでしょう。

 

<増える熟年離婚>

近年、社会問題となりそうなのが、熟年離婚です。今熟年と言われている世代は、いわゆる団塊の世代です。夫は仕事を、妻は家事をという、典型的な夫婦の形であったのです。ただ、社会は変わり女性の社会進出が盛んになりました。それに伴い、妻はもはや家で家事をするだけの存在ではなくなったのです。これまでは夫に養ってもらわなければ生活できないという理由で離婚できなかった人も、今はそうではなくなったのです。これが熟年離婚を増やしている理由なのです。とはいえ、お互い自立して生活できるのであれば、熟年離婚はさほど問題とは言えないでしょう。

 

今は、日本人の価値観も徐々に変わりつつあり、離婚も大きな問題として捉えなくなってきました。いつまでも不満を抱えたまま夫婦を続けるよりも、お互いがりスタートを切るという意味で肯定的に捉える人も多いのです。

任意売却に不安を感じている方、ご安心ください!当センターが全てサポートいたします。

  • 任意売却支援センター
  • メール・FAXでの受付

COMTEMTS

任意売却特集

新着ニュース

コラム

覚悟の瞬間 株式会社 セルバ・プランニング 小林努

任意売却で再生するための5つのポイント

会社経営者・自営業者様の任意売却について

法律事務所の皆様へ

運営会社

株式会社 セルバ・プランニング

東京都品川区西五反田2-7-11
TEL 03-3492-5721
FAX 03-3492-8410

一般社団法人 任意売却協会会員

<サポートエリア>
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)
を中心に全国対応いたします。

関連サイト

SELBA

一般社団法人 任意売却協会

GSL